いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

文:佐野慎吾、ガンダーラ井上 写真:森山将人(TRIVAL)、工藤悠平(S-14)

いつの時代も、本物を知る者は必ずライカを選ぶ、と言われています。それは一体なぜなのでしょう。また、いつもは撮影される側の俳優やモデルをはじめ、写真にかかわる機会の多いクリエイターにも、ライカ愛好家は少なくありません。彼らに愛機とのなれそめを訊き、その魅力について考えました。

いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

竹中直人/俳優 1956年、神奈川県生まれ。多摩美術大学卒業。俳優、声優、映画監督、歌手とマルチな才能で活躍中。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授。公開中の映画『サムライマラソン』『翔んで埼玉』、4/5公開の映画『麻雀放浪記2020』に出演。

ライカを手にしたのは、アラーキーがきっかけです。

「荒木さんを演じるには、カメラに馴染んでいないといけないし、映画を撮った記念にもなるのでライカを買おうと思いました」

竹中直人さんが監督・主演を務めた映画『東京日和』は、写真家・荒木経惟さんと妻の陽子さんによる同名の私小説を原作にした、センチメンタルなラブストーリー。竹中さんは劇中でプロの写真家に扮しました。

「東京の下町をロケハンしながら、『ライカM7』でたくさん撮りました。楽しかったですよ。シャッターを押す時はドキドキしました。フィルムを巻く感じもいいですよね。最近はデジタルの『ライカQ』で撮ることが多いですが、いま改めてファインダーをのぞいたら、画角に集中する感じが甦ってきて、呼吸が荒くなりました(笑)」

映画公開からほどなくして、竹中さんは香港で運命のライカと出合います。

「ライカにドラゴンが彫ってあるなんて、これはもう、ブルース・リーじゃないか! うわぁ、これ絶対買わないとダメだっ! と運命を感じました(笑)」

竹中さんにとって憧れのブルース・リーを思わせる「ライカM6」の限定モデルは、手に取り街へ出るだけで、高揚感をかき立てるものでした。ですが一方で、ライカはシリアスな写真撮影の道具でもあります。

「フィルムのライカで撮るとある種の重さを感じます。腰つきも変わりますし、そう簡単にはシャッターが押せないです」

いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

Leica M6 Gold Dragon Edition 1995年に香港のシュミットグループとのコラボで300台だけ販売された、ライカM6の特別モデル。カメラ本体のトッププレートと揃いのズミクロン50mmの引き出し式フードに、ドラゴンの彫刻が施され、金色で仕上げてある。ボディとレンズフードにそれぞれシリアルナンバーが入り、革も通常モデルとは異なるレアな一品。

いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

Leica M7 / Q 手前:M7はフィルム機で唯一、絞り優先オートが使える高機能モデル。奥:最近のお気に入りであるQは、フルサイズで28mmの大口径レンズを固定装着したデジタル機。

いま明かす、僕らがライカに恋した理由。

竹中さんがハワイで撮影した写真。やわらかい夕日に照らされた白いレースの質感が際立つ。モチーフを引き立てながら、硬くならないのがライカの味。(撮影:竹中直人)

1 / 3p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。