ISSEY MIYAKE WATCHの新作は、ガラスの塊から生みだされた“光の彫刻”です。

文:並木浩一 写真:宇田川 淳

ISSEY MIYAKE WATCHの新作は、ガラスの塊から生みだされた“光の彫刻”です。

文字盤をガラスが包み込む、未知の構造。従来の腕時計の常識からは発想できない、ガラスが大半を占める3ピース構造。吉岡の構想を実現すべく試作とテストが繰り返され、そのカタチが現実となっていった「ガラスの時計」。

腕時計のデザインに新風を送り続ける、ISSEY MIYAKEプロデュースによるウォッチ・プロジェクト。今冬、16作目となる新作が誕生しました。その名は「ガラスの時計」。手がけたデザイナーは吉岡徳仁です。

「当初からガラスの腕時計をつくってみたかったのです。でも、衝撃とか機能の問題でハードルが高く、現実的には難しい。今回はパーツを分解して、強度の研究をしてもらいました。ガラスは光を放つ素材として、魅力があり、光に近い素材でモノづくりがしたかったのです」と吉岡は語ります。

吉岡にとって、ガラスという素材に対する意識は以前から特別なものがあり、建築、インスタレーションやアートピースで才能を発揮してきました。

「金属やプラスチックも使いますが、ガラスが一番美しい。その“本物感”を使って、100年経っても色褪せないものをつくりたいのです」

デザインとアート、建築の界面で世界を驚かす構想と構成のダイナミズムが、最も小さな部類に入るプロダクトに移殖され、凝縮されます。光を透過し、屈折させる繊細な素材を大胆に使う手練れが、腕時計に新しい境地を拓いていきました。それはどこへでも持ち運べる、デザインそのものにも見えます。

ISSEY MIYAKE WATCHの新作は、ガラスの塊から生みだされた“光の彫刻”です。

腕元で個性を主張する、クリアなオブジェ。「ガラスの時計」クォーツ、ステンレス・スチール、ケース径39㎜、ケース厚15.6㎜、シルバーダイヤル、強化処理を施した無機ガラス風防、オーガニック水染めブラックのタンニンなめしカーフ革ストラップ(黒)、三つ折れ式フォールディングクラスプ、日常生活用防水。(NYAH001)¥49,680(税込)。ブラックダイヤル×黒皮革のモデル(NYAH002)¥51,840(税込)、シルバーダイヤル×ナチュラル皮革のモデル(NYAH003)¥49,680(税込)もラインアップ。