“素材の魔術師”ウブロの次なる一手は、世界初のケースにスケルトン・ムー...

“素材の魔術師”ウブロの次なる一手は、世界初のケースにスケルトン・ムーブメントを搭載。

文:笠木恵司

鮮やかなオレンジのサファイアクリスタルケースに同色のラバーストラップをコンビネーション。スケルトンの自動巻きトゥールビヨン・ムーブメントはウブロの自社開発・製造。世界50本限定。ケース径45㎜、ケース厚15.3㎜、パワーリザーブ約72時間、3気圧防水。ウブロ「ビッグ・バン トゥールビヨン オートマティック オレンジサファイア」¥19,613,000(税込予価)、4月発売予定。

世界初のクリアなオレンジ色のサファイアクリスタル製ケースに、大胆な透け感のスケルトンで仕上げた自社製トゥールビヨン・ムーブメントを搭載。ウブロの新作は腕時計ファンに嬉しい驚きを提供してきたが、今年の「ビッグ・バン トゥールビヨン オートマティック オレンジサファイア」は特別な魅力が感じられる。ケース素材とムーブメントが見事に融合。美的な革新性が格段にレベルアップしているからだ。

ケース素材のサファイアクリスタルは高級腕時計の風防ガラスでお馴染みだが、これをケースにするのは容易ではない。もちろん天然ではなく、高純度のアルミナ(酸化アルミニウム)粉末を超高温で溶融して結晶化させた人工素材であり、再結晶サファイアとも呼ばれるが、硬度がきわめて高いからだ。

ダイヤモンドはモース硬度で10だが、サファイアクリスタルはそれに次ぐ9。傷がつきにくく割れにくいため、新たな製造法が開発された1970〜80年代から腕時計でも普及してきた。ウブロでは、この加工困難な素材に取り組み、2016年に無色透明のケースを実現。続いてブラック、ブルー、レッド、イエローとカラー化に成功。その華麗なるパレットに新しく追加されたのがオレンジなのである。

透明なオレンジサファイヤクリスタル製なので、ケースサイドからもムーブメントの構造が見られる。アルミナ(酸化アルミニウム)粉末にチタニウムとクロミウムを加えることで実現した世界初のカラーだ。

まさに素材の魔術師と呼びたいところだが、ケース製作にも特殊な設備と工程が必要だ。腕時計のケースを複数のパーツに分け、それぞれをサファイアクリスタルのブロックとして切り出し、これをダイヤモンド研磨機で成形していくため、作業は通常の腕時計とは比較にならないほど長時間におよぶ。

搭載されたムーブメントも、伝統的な機械式複雑機構では最高峰といわれるトゥールビヨン。これを開放感あふれるスケルトンにアレンジするだけでなく、普通は裏側にセットする自動巻きのマイクロローターを、ダイヤル前面6時位置のトゥールビヨンと対称的な12時位置にレイアウトしている。トゥールビヨンは1分間に1回転して重力の影響を平均化。ウブロのロゴをくり抜いたマイクロローターも、その反対位置で腕の動きに合わせて回転しながらゼンマイを巻き上げる。この2つの回転運動を視認するのも持つ人の楽しみになるに違いない。パワーリザーブは約72時間(約3日間)のため、実用性にも優れている。

ケースと同じオレンジのラバーストラップも魅力だが、ケース下のボタンを押すだけで簡単に交換できる。特許取得の“ワンクリック”システムを採用。

この最新のスケルトン・ムーブメントは、ケースとベゼルにテキサリウムを採用したモデルにも搭載。「ビッグ・バン トゥールビヨン オートマティック カーボン」として発売される。テキサリウムはグラスファイバーとアルミニウムを組み合わせた超軽量素材であり、独特のテクスチュアを感じさせる模様も魅力だ。

ウブロは2005年から「アート・オブ・フュージョン」をコンセプトとして、異なる素材やアイデアの融合を多彩に展開してきた。テクニカルな側面は言うまでもなく、近年は美的な意味でのフュージョンが加速してきたように感じられる。いずれにしても、オレンジサファイアの透明な煌めきや、個性的なテキサリウムを腕に着けるだけで、コロナ禍で暗くなりがちな気分が明るく昂揚するのではないだろうか。

ムーブメントやデザインは同じだが、ケース素材が異なるモデルも2タイプをラインアップ。このモデルはカーボンファイバーとテキサリウム(グラスファイバーにアルミニウムを蒸着)をケースとベゼルに使用。世界100本限定。自動巻き、ケース径45㎜、ケース厚14.3㎜、パワーリザーブ約72時間、3気圧防水。ウブロ「ビッグ・バン トゥールビヨン オートマティック カーボン」¥11,033,000(税込予価)、4月発売予定。

問い合わせ先/LVMH ウォッチ・ジュエリー ジャパン ウブロ TEL:03-5635-7055

“素材の魔術師”ウブロの次なる一手は、世界初のケースにスケルトン・ムー...
Feature Fashion 徹底した研究と実験が生む新しい日常着、「IM MEN(アイム メン)」。
Feature Fashion 徹底した研究と実験が生む新しい日常着、「IM MEN(アイム メン)」。