話題の「ホンダジェット」が、いよいよ日本の空にやってきます!

話題の「ホンダジェット」が、いよいよ日本の空にやってきます!

米国連邦航空局より事前型式認証を得て、すでに12機を量産するホンダジェット。注目の存在です。

いよいよ、日本に飛来するホンダジェット。その開発は1986年にまでさかのぼります。本格的な開発(97年)をはじめて苦節、17年。ようやくFAA(米国連邦航空局)より事前型式証明を受け、ホンダジェットは本格的な量産を予定しています。

この機体、ユニークな発想や構造は世界の航空ファンを虜にしています。その特徴は、3つ。まず1つめは「ベリーライトクラス」というビジネスジェット最小クラスのサイズでありながらワンクラス上の「ライトクラス」の居住空間があること。パイロットも入れて合計7人が搭乗でき、ゴルフバッグなどの大型ラゲッジを積むことができるのです。まるでホンダのミニバン! 2つめは、エンジンを主翼の上に配置するレイアウトで、静粛性に優れ、効率のいい飛行ができること。そして3つめは、コンパクトで燃費のよいHF120というジェットエンジンを開発したことです。ここは、ハイブリッドエンジンやバイクのカブなどの省燃費エンジンにも共通します。
このように、飛行機であってもホンダ魂がかんじられる仕上がりに期待は大。アメリカのビジネスジェット業界でも大注目の1機なのです。

今回のワールドツアーは初上陸の日本や欧州を含め13カ国、4万8000kmを巡ります。4/25~5/5までは、日本各地で一般公開の予定。気候のよくなるGWにその雄姿を確かめに出かけてみてはいかがでしょうか?(Pen編集部)

ホンダジェット用のフライトシミュレーターもアメリカで稼働を開始しています。

GEと共同開発したHF120ターボファンエンジン。コンパクトで高出力、省燃費とホンダならではの技術が生きています。

話題の「ホンダジェット」が、いよいよ日本の空にやってきます!
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来
Feature Product 3人のクリエイターが語る、新型「Audi A3」から見えてきたデザインの未来