25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。

25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。

文:笠木恵司

25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。

グランドセイコー「スポーツコレクション キャリバー 9F 25周年記念限定モデル SBGN001」。ダイヤルの縁をツートーンのリングが囲み、第二時間帯の昼夜を直感的に判別することができる。チャコールグレーのダイヤルにイエローのGMT針と外周リングの組み合わせが鮮やか。年差±5秒の高精度。クオーツ、ステンレス・スチール、ケース径39.0㎜、厚さ12.1㎜、世界限定800本、¥399,600(税込)。10月12日(金)から全国のグランドセイコーマスターショップで発売。

「グランドセイコー」は日本を代表する国産腕時計ですが、1993年にクオーツを超える究極のクオーツとして開発された専用ムーブメント「キャリバー 9F」が誕生して今年は25周年。これを記念して初のGMTモデルが登場しました。伝説的な「キャリバー 9F」に、これまでなかった4本目の針が新しく追加されたことになります。

「グランドセイコー」は1960年に産声を上げてから、精度はもちろん、美観や視認性など、腕時計に求められる本質をハイレベルな次元で追求。その歴史の中でも、クオーツの常識を覆したムーブメントとして金字塔となっているのが「キャリバー 9F」です。それまでのクオーツは、モーターで針を回していることから、機械式時計のゼンマイに匹敵する強いトルクがないため、太い針を回すのは不可能とされていました。ところがセイコーでは「ツインパルス制御モーター」を開発。1秒に1回動いていた秒針を、2回に分けて動かすことで回転角度を半減しました。針の動く角度(距離)が小さくなれば、必要なトルクも小さくなります。秒針は時分針にも輪列で連結しているので、その分だけ大きくて重い針を回せるようになったのです。ただし、秒針は瞬時に連続して動くため、肉眼では従来のステップ秒針のように1秒に1回だけ動くように見えます。

それだけでなく、針を滑らかに動かす「3軸独立ガイド構造」も導入。その一方で「バックラッシュ・オートアジャスト機構」によって、秒針は決してふらつくことなくピタリと停止してから移動します。カレンダーを瞬時に切り替える「瞬間日送り機構」も搭載。精度はもちろんとして、針の動きからデイト表示まで、気持ちよいほど俊敏かつ正確な動きを楽しめます。

また、ローター部の軸受けの保油性を高めたほか、クオーツでは必須の電池交換時にゴミなどの侵入を防ぐ「スーパーシールドキャビン構造」なども開発。精度の永続性を高める工夫も随所に施されています。裏蓋で隠されたムーブメントのゴールドカラーが、最高度の技術力の象徴といえるでしょう。

この「キャリバー 9F」にGMT機能を追加した新ムーブメントが「キャリバー 9F86」です。前述した「キャリバー 9F」が誇る高いトルクを最大限に活かし、時・分・秒に次ぐ4本目の長い針も駆動。もうひとつの時間帯をベゼルに刻印した24時間計で指し示します。これを海外では日本時間に設定しておくと便利です。メインの表示は現地の時間に合わせることになりますが、時針単独での時差修正機能を備えているので、精度に影響を与えることなく、簡単に調整できます。

GMTモデルの第一弾として「キャリバー 9F 25周年記念限定モデル」が10月に発売されますが、年差±10秒の標準精度を年差±5秒にチューンナップした特別仕様で世界限定800本。その証として6時位置にゴールドカラーの星が植え込まれているほか、GMT針と24時間計の昼間の時間帯を鮮やかなイエローにして、チャコールグレーのダイヤルとコントラストさせています。
また、ダイヤルにはクオーツの発展期だった1970〜80年代にダイヤルにアレンジされていた「GS」「9F」のパターンが同じく全面に型打ちされています。

ブラックとネイビーダイヤルにオレンジまたはレッドのGMT針をコンビネーションした通常モデルも来年1月12日から発売予定。記念限定モデルも含めて、全国の「グランドセイコーマスターショップ」で購入できます。

国産最高峰の「グランドセイコー」に、同じく最高峰を極めたクオーツムーブメント「キャリバー 9F」を搭載したGMT。コレクション史上初となる4本目の針が、これから新たな伝説と誇りを生み出していくのではないでしょうか。

25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。

グランドセイコー「スポーツコレクション SBGN003」。オレンジのGMT針が映えるブラックダイヤル。クオーツ、ステンレス・スチール、ケース径39.0㎜、厚さ12.1㎜、年差±10秒。\356,400(税込)。2019年1月12日(土)から全国のグランドセイコーマスターショップで発売。

25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。

グランドセイコー「スポーツコレクション SBGN005」。スーツにも似合うネイビーダイヤル。クオーツ、ステンレス・スチール、ケース径39.0㎜、厚さ12.1㎜、年差±10秒。\356,400(税込)。2019年1月12日(土)から全国のグランドセイコーマスターショップで発売。

問い合わせ先/セイコーウオッチ お客様相談室 TEL:0120-061-012

25周年を迎えたグランドセイコーの「究極のクオーツ」に、初のGMTが登場。