ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化し...

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

文:天野透

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」。スマホと連動し、暖色・寒色各3個のLEDで設置場所の外光を再現する新機能を搭載。

サイクロン式掃除機や羽根のない扇風機で有名なダイソンが、去る9月14日、注目のLED照明を発表しました。ジェイムズ・ダイソンの息子ジェイク・ダイソンらが手がけた「ライトサイクル タスクライト」です。
旧モデル「シーシスLEDライト」がダイソンリンク・アプリによるスマホ連動機能を獲得し、さらなる高性能ライトへ進化。もともと、人間は太陽光のサイクルに合わせて生活していたことに着目し、このライトを使う地域の自然光に合わせて、光を調節し、適切な光を照射する「自然光トラッキング機能」を開発しました。内蔵の32ビットMCU(プロセッサー)で現在地の光をリアルタイム解析し、スマホのGPSとタイムゾーンを参照して自然に近い光をつくり出します。また、「学習」「リラックス」「作業」など、使うシーンに合わせた色温度や明るさを選べるモードの他、明るさ100〜1000ルクス/色温度2700〜6500ケルビンまで自在に調整できるモードも搭載。たとえば高齢者は一般に目の筋肉が弱くなるため必要な光量が増えますが、こうしたケースに合わせた細やかな調節もできるのです。
光を精密に制御するカギが、支柱に通るヒートパイプ。小型照明には強力すぎる?とも思える冷却機構ですが、このパワーがあってこそストレス源となるちらつきなどが抑えられ、設計寿命が60年まで延びました。健康・利便性・長寿命を兼ね備えた照明の誕生です。

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

照明の安定動作に熱は大敵。銅製パイプは極少量の水滴入りでLEDの熱の上昇に応じて水蒸気化し、冷たい部分に熱が移動すると水滴に戻るという無動力の技術、ヒートパイプテクノロジーで冷却しています。

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

「ライトサイクル タスクライト」は10月3日発売、オープン価格。デスクライトの他、フロアライトもある。

今回は「ピュア ホット+クール 空気清浄ファンヒーター」も同時に発表されました。今年4月発表の「ピュア クール(空気清浄ファン)」に温風機能が加わった新モデルで、空気の状況がひと目でわかる前面ディスプレイを搭載。HEPA材と活性炭を増量しフィルターが強化されています。こちらもダイソンリンク・アプリで細やかにコントロール可能です。
健康な生活をサポートするテクノロジーを。ダイソンの開発姿勢がはっきりと見えてきたふたつの新製品です。

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

ダイソンの空気清浄機、第4世代へ。精密な分析と強力なフィルターによるキレイな空気が、自慢のDCモーターと羽根のないエアーマルチプライヤーで部屋全体へ均一に届けられます。10月17日発売予定、オープン価格。

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化した照明です。

ビデオメッセージで登場したジェイク・ダイソン。「つながる」ことで使える機能こそ重要と語りました。 photo : Toru Amano

ダイソン www.dyson.co.jp

ダイソンの新製品「ライトサイクル タスクライト」は、健康のために進化し...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。