夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も...

夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も活躍します!

夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も活躍します!

スリープタイマーを新たに搭載するなどのアップデートを図り、使い勝手を大幅に向上させたタワーファン。Dyson Cool AM07 タワーファン(アイアン/サテンブルー)W230×D230×H1007mm。2.85kg オープン価格

夏本番に向けて、そろそろ住まいやオフィスの暑さ対策に本腰を入れたくなってきた今日この頃。そんな中、頼りがいのある選択肢として注目したいのが、高性能かつ多彩なラインアップを誇るダイソンのエアマルチプライアーシリーズです。

“羽根のない扇風機”という革新的なコンセプトを具現したこのシリーズは、途切れのないスムーズで力強い風を送り出せることが最大の魅力。従来の扇風機は、空気を羽根で切ってしまうため、断片的で肌を打ち付けるような風になっていたことと比較すれば、エアマルチプライアーシリーズがもたらす快適さは、まさに圧巻といえるでしょう。

このテクノロジーを搭載した代表的な機種といえば、「ダイソン クール」のAM07 タワーファンと、AM06 テーブルファン。前者が広範囲に送風できるタワー型で、後者が家具の上にも設置しやすいラウンド型と、タイプは異なるもののいずれもエアプライアーテクノロジーによる、パワフルで心地よい送風を体感するには最良の機種といえます。しかも、最新モデルにおいては、空気経路を見直すことで運転音が低減されて、快適さがさらに向上。最大で40%の省エネ化を図ったことも手伝い、あらためて注目を集めています。また、同シリーズのファンは、周囲の空気を巻き込みながら気流を増幅させる構造が特徴で、エアコンの空気を循環させるサーキュレーターとしても極めて使い勝手の良い仕上がりになっています。

加えて、夏は高スペックな扇風機として活躍し、冬には部屋を均一に素早く暖めるヒーターになる「ダイソン ホット アンド クール」のAM09 ファンヒーターも、一台二役の魅力的なチョイスといえます。どれを選んでも、暑さが増すこれからの季節の即戦力になり、これまでにない心地よさを呼び込んでくれること請け合いなので、いまから備えて今年の夏は快適にすごしてみませんか?(Pen編集部)
夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も活躍します!

卓上も可能なDyson Cool AM06 テーブルファン (ブラック/ニッケル)W356×D147×H552mm。1.83kg オープン価格

夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も活躍します!

モードの切り替えによって、必要な場所に空気をフォーカスして送ることも広範囲に送ることも可能。Dyson Hot+Cool AM09 ファンヒーター(ブラック/ニッケル)W204×D204×H595mm。2.68㎏ オープン価格

問い合わせ先/話そうダイソンお客様相談室 TEL:0120-295-731 www.dyson.co.jp

夏前までに備えたい、「ダイソン」の“羽根のない扇風機シリーズ”が今年も...