異色のスーパースポーツカー、「マクラーレンGT」は如何なるクルマか。

異色のスーパースポーツカー、「マクラーレンGT」は如何なるクルマか。

写真:安井宏充/マクラーレンジャパン 文:小川フミオ

2019年に発表され、日本での販売も始まった「マクラーレン GT」。

スポーツカーと聞くと、クルマ好きはそれだけでうっとりするものだ。「ヨンク」でも「軽自動車」でもなく、やっぱり「スポーツカー」の響きは特別だ。なかでも、より高性能なスーパースポーツのジャンルは、数は売れないが、熱狂的な支持者をもつ。

スーパースポーツカーとして高い人気を誇るのが、イギリスのマクラーレン。個性的なスタイルと、高性能ぶりは突出している。自動車レースの最高峰であるフォーミュラ1などレースの経験も豊富で、人的交流を持ちながら量産スポーツカーを手がける。それだけに、発表される新車からは眼が離せない。

キャビン背後には4リッターエンジンに空気を取り込みつつ、後輪にダウンフォースを生む大きなエアダムが。

他車にはないオーガニックな造型が大きな魅力のインテリア。

日本で手に入る最新のモデルが、「マクラーレンGT」(以下「GT」)である。2019年夏に本国で発表され、20年春から日本の路上も走り出した。マクラーレンのプロダクトは、基本的にサーキットでの走行も得意としているものの、この「GT」はちょっと異色だ。ゴルフバッグまで積めて、ロングドライブを前提に開発されたことで話題を呼んでいる。

さきごろ、COVID-19による県をまたいでの移動自粛勧告が緩和されたときに、東京から伊勢志摩まで、寄り道しつつ、約500キロのロングドライブで、その真価を味わってみた。結論は、まったく疲れしらず。続いて、このクルマ欲しい、と強く思った。

620馬力(456kW)の4リッターV型8気筒ツインターボエンジンをキャビン背後にミドシップし、後輪を駆動する。いうまでもなく速い。第二東名のように舗装のいい道では、ぴたっと路面に張り付いたように走る。同時に感銘を受けたのは、乗り心地のよさと静粛性の高さだ。

サーキット走行を前提としたクルマは、往々にして、カミソリのようなといいたくなる、するどいステアリング特性をもつ。「GT」はあえて、そこはすこし反応をゆるやかにして、高速で長い距離を走ってもドライバーが疲れにくい設定にしている印象だ。

大きな荷物はフロントに、長尺物はリアに搭載できる。

ワインディングロードは、“GT”のドラインビグでもっとも楽しい場所のひとつ。

バウアーズ&ウィルキンスの高品位オーディオも、ドライブを快適にしてくる。ロックだろうがジャズだろうが再生の忠実度は高く、ダイナミズムにあふれたベートベンの交響曲だってお手のもの、というかんじだ。

レザーとアルミニムを使い、大胆な曲線を活かしたインテリアに身を置いて、全高1.2メートルの低い着座位置から流れる景色を見て、いい音楽を聴ける。こんなことが出来るスーパースポーツカーなんて、そうそう見当たらない。

さらに、アンビエントライトや、ガラスをはめこんだ天井部分が、ダイヤルで濃度を変えられるなど、演出にも長けている。価格は2645万円から。ドライブにまつわることを、全方位的に楽しませてくれるクルマだった。

マクラーレン GT
●サイズ(全長×全幅×全高):4683×2045×1213mm
●エンジン形式:V型8気筒DOHCツインターボ
●排気量:3994㏄
●最高出力:620PS/7500rpm
●駆動方式:MR(ミッドシップエンジン後輪駆動)
●車両価格:¥26,450,000(税込)


問い合わせ先/マクラーレン・オートモーティブ
https://cars.mclaren.com

異色のスーパースポーツカー、「マクラーレンGT」は如何なるクルマか。
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編
Feature Product いまを生きる男たちに似合う、「ハミルトン」というスタイル ③カーキ編