“日常を作品に”してくれる、新しいスマートフォン用スタビライザー「DJ...

“日常を作品に”してくれる、新しいスマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」。

文:Pen編集部

片手で直観的な操作ができる「DJI OM 4」。携帯性に優れた折り畳み式で、ほとんどの現行のスマートフォンに対応する。8月26日より公式オンラインショップなどで販売開始。¥16,500(税込)

SNSでは動画投稿がより大きな注目を集め、Vlogを始める人も多い昨今。スマートフォンと組み合わせることで、数ランク上の動画を撮ることができるスマートフォン用スタビライザー「DJI OM 4」が登場した。

手がけたのはドローンのリーディングカンパニーとして知られるDJI。ドローンと同様に評価の高いスタビライザー(ジンバル)、「Osmo Mobile」シリーズの後継機種として、名前も新たに発売されたのが「DJI OM 4」だ。刷新された3軸スタビライザー技術は強力な手ぶれ補正機能をもたらし、誰でも簡単に安定した動画や写真の撮影を行うことができる。

最も大きなリニューアルポイントは、新設計の磁気アタッチメント。スマートフォン側に軽量かつ強力な磁石を取り付けることで、ワンタッチの着脱が可能となった。いつも携帯するスマートフォンを文字通り一瞬で、高機能ムービーカメラに変身させることができるのだ。

磁気アタッチメントは2種類。薄くて軽量なクランプでスマートフォンをホールドする「磁気スマートフォンクランプ」(左)か、スマホスタンドとしても使うことができる「磁気リングホルダー」(右)を選べる。

また、被写体を選択するだけで自動的に追跡する「ActiveTrack 3.0」、ハンズフリーで自撮りやグループ写真が撮れる「ジェスチャー操作」、映画でも使われる視覚効果を再現できる「DynamicZoom」、時間の流れを圧縮するタイムラプスに動きも加える「ハイパーラプス」、ボタンを一度押すだけで9枚の写真を撮影・合成する「3×3パノラマ」などなど、クリエイティブなアイデアを実現するさまざまな機能が搭載されている。スマホと一緒に携えて、「こんな映像を撮りたかった!」を実現してみては?

問い合わせ先/DJI JAPAN

www.dji.com

“日常を作品に”してくれる、新しいスマートフォン用スタビライザー「DJ...