“七曲りのダンディ”現る!? BMWの新型M5は、ふた...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第62回 BMW M5 / ビーエムダブリュー M5

“七曲りのダンディ”現る!? BMWの新型M5は、ふたつの顔が魅力の3人称系スポーツセダン

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

走行モードの設定は大幅に進化した。エンジンやハンドリング、サスペンション、駆動方式からギア比まで自分好みの設定を記憶させ、ハンドルのボタンひとつで呼び出せる。これがめちゃくちゃいい! ちなみにアロマディフューザーで車内の香りも選択可能。ちゃんと香りの説明も表示される(笑)。

M5は都内でよく見かけるけれど、実際その後ろ姿を目にするたびに「シブいな」と唸らされてきました。どこからどう見ても高級セダンなんだけれど、走りもそれとなくアピールしていて、実際速い(笑)。羊の皮を被った狼の代名詞だよね。とは言え実車を見ると、やっぱり威風堂々とした大型の高級セダン。さすがにM2...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら