デザイナー永島譲二が語る、「いかにBMWらしくするか」への挑戦。

デザイナー永島譲二が語る、「いかにBMWらしくするか」への挑戦。

文:Pen編集部

キドニーグリルが前方に押し出されているのが特徴的なフロント部分。

BMW初の前輪駆動方式であることや、コンパクトなボディながら高い居住性を誇る「SAT(スポーツ・アクティビティ・ツアラー)」という新コンセプトが特徴に挙げられる「ニューBMW 2シリーズ アクティブ ツアラー」。ヨーロッパを中心に各社がしのぎを削るコンパクトMPVカテゴリーに参入するこのクルマ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
デザイナー永島譲二が語る、「いかにBMWらしくするか」への挑戦。