祝100周年!の東京駅と、「BE@RBRICK」のコラボはオトナのオブジェ

祝100周年!の東京駅と、「BE@RBRICK」のコラボはオトナのオブジェ

「BE@RBRICK 東京駅丸の内駅舎モデル 400%」。¥10,000

青、赤、白(透明)のトリコロールの色彩に不思議な浮遊感が漂う、「BE@RBRICK(ベアブリック)」の最新モデルの登場です。ロボットのような佇まいのこのフィギュアのウエスト部分はデジタル基板でしょうか?いいえ、実は東京駅の駅舎が描かれているのです。頭の青い模様は、青空のイメージ。大正時代初期の姿を復原した東京駅中央の風景を切り取ってフィギュアに封じ込めた、これまでにないコンセプチュアルなBE@RBRICKの誕生です!

東京駅は、2014年12月で100周年を迎えます。これを記念して製作されたのがこの「BE@RBRICK 東京駅丸の内駅舎モデル 400%」。今年8月には通常サイズの「100%」がリリースされましたが、今回は全高が約280mmとなるビッグサイズ。オブジェとしての存在感がグッと増した仕上がりになっています。手描きのように精細な駅舎は、高度な技術によりクリアボディの表面にプリントされたもの。BE@RBRICKファンならずとも、 部屋に飾りたくなるアーティスティックな仕上がりです。

過去から現在につながる日本の歴史と誇りまでも想起させるこのフィギュアは、数えきれないほどのバリエーションがあるBE@RBRICKの中でも、出色の出来といえるでしょう。東京ステーションギャラリー内の「ミュージアムショップTRAINIART(トレニアート)」、「TRAINIARTアトレ秋葉原1」をはじめ、一部催事、オンラインショップなどで12月に発売される予定です。販売個数も限られていますので、入手はどうぞ早めに。(高橋一史)

青空をイメージした抽象的な図案。

絵筆のような絵画ふうタッチが味わい深し。背中の腰部分には、東京駅が竣工した年である「Since 1914」の白文字入り。

    ©JR東日本 JR東日本商品化許諾済
    BE@RBRICK TM & © 2001-2014 MEDICOM TOY CORPORATION. All rights reserved.

問い合わせ先/ジェイアール東日本商事 TEL:03-6687-9829

祝100周年!の東京駅と、「BE@RBRICK」のコラボはオトナのオブジェ
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

写真:矢吹健巳(W) スタイリング:川合康太 ヘア:藤原一毅(Perle Management)

グッチのウエアやアクセサリーを独自にカスタマイズできる「GUCCI DIY」プログラムをご存じだろうか? 新たなアイテムやモチーフが加わり、さらなる盛り上がりを見せるこのサービスに注目した。

グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?

アレッサンドロ・ミケーレ●1972年、ローマ生まれ。2002年にグッチのデザインオフィスに参加。06年にレザーグッズのデザイン・ディレクターに就任し、11年にアソシエイト・クリエイティブ・ディレクターに。15年1月からクリエイティブ・ディレクター。Photo Courtesy of Ronan Gallagher for Gucci

2015年、アレッサンドロ・ミケーレがクリエイティブ・ディレクターに就任して以来、グッチはモードブランドとしての個性をより前面に押し出している。ヴィンテージテイストなのに現代的であり、ビビッドな色彩がぶつかり合う中に伝統的なモチーフのパッチワークが混在するなど、クラシックとポップカルチャーを混淆しているのが現在のグッチといえるだろう。

1 / 3p
Feature Fashion グッチの世界で自分好みの服をつくる、「GUCCI DIY」プログラムを知っているか?