走りへの情熱と品格あふれるクルマ、アウディの「RS」はいったい何が特別...
PROMOTION

走りへの情熱と品格あふれるクルマ、アウディの「RS」はいったい何が特別なのか?

文:和田達彦

2021年2月以降に発売予定の「Audi RS Q8」。アウディのフラッグシップSUVであるQ8初のRSグレードモデルは、Audi Sportの手によってそのスポーティさとラグジュアリーさにさらに磨きがかけられている。

最新のSUV「RS Q8」で、走りと上質さを愉しむ。

アウディのラインアップに用意される、「RS」という特別なグレードをご存じだろうか。アウディのレースカーなどを手がけるAudi Sport GmbHによって開発、生産されるRSモデルには、レースで培った技術からフィードバックされた高性能、そして個性的かつスポーティなディテールが与えられている。

もともとモータースポーツを戦うために生まれたハイパフォーマンスモデルだけに、ドライバーの意図にリニアに反応し、日々の生活を刺激的なものに変える。それはクーペスタイルのSUVである「RS Q8」であっても同じだ。4ℓ600PSのV8ツインターボエンジンはフルサイズSUVのボディをものともせず、0-100km/h加速はわずか3.8秒。そして高性能4WDシステム「quattro」や4輪操舵システム、RSアダプティブエアサスペンションなどとの組み合わせによって、走る愉しさを乗り手に伝えてくれる。

効率よく空気を取り入れるグリルや安定した超高速走行を実現するためのアンダーバンパー。他のRSモデル同様に、空力や冷却性能を高める専用エクステリアを装備する。

ルーフエッジスポイラー、リヤスカート、楕円テールパイプなど、数々のRS専用パーツによってQ8のスタイリングの精悍さがより一層際立てられている。

ハイパフォーマンスを有しながらも、街を流しているときのRSは他のアウディと同じように、非常に心地よく、滑らかに走ってくれる。4輪操舵システムは、低速走行時には状況に応じて後輪を最大5度前輪と逆位相に操舵することで取り回し性能を高めてくれるので、フルサイズのボディでも苦にならない。インテリアには繊細なステッチが入れられたレザーがふんだんに使われ、上質な雰囲気が漂う。

「RS Q8」なら、スポーティな佇まいながらキャビンは広々としているので、大切な人をエスコートするにも活躍してくれそうだ。ちなみに「RS Q8」は、サイドシルがドアでしっかり覆われているので、雨の日の乗り降りでもスカートの裾を濡らす心配がない。女性に喜ばれる心遣いも備えたラグジュアリーなスポーティSUVなのだ。

スポーティなのにラグジュアリーなRSは、街中から郊外までのあらゆるシーンに似合う。一人でのドライブ、パートナーとの食事、さまざまな場面で心躍る思いを体感できるクルマだ。

Audi RS Q8
全長:5,010mm×全幅:2,000mm×全高:1,700mm
ホイールベース:2,995mm
車両重量:2,410kg
乗車定員:5名
車両本体価格:¥18,690,000(税込)

1 / 2p