革新の“ミニッツリピーター”から、「オーデマ ピゲ」の技術と伝統を読み解きます。

写真:齋藤暁経  文:並木浩一

革新の“ミニッツリピーター”から、「オーデマ ピゲ」の技術と伝統を読み解きます。

世界が注目する「スーパーソヌリ」の新作とともに来日した、オーデマ ピゲ・ルノー エ パピ ディレクターのジュリオ・パピ(右)と、オーデマ ピゲ(AP)の一員であると同時にグローバル ブランド アンバサダーを務めるクローディオ・カヴァリエール(左)。腕時計ファンにはよく知られた存在です。

スイス高級腕時計ブランドの雄、「オーデマ ピゲ」の驚くべき最新技術が、“スーパーソヌリ”です。音で時刻を知らせるミニッツリピーターの機構を画期的に革新したこの機構は昨年、2016年にヴェールを脱ぎました。そして、その最新作が「ジュール オーデマ・ミニッツリピーター・スーパーソヌリ」です。去る7月、至高の一品を携えてオーデマ ピゲのキーパーソンふたり、ジュリオ・パピ(オーデマ ピゲ・ルノー エ パピ ディレクター)とクローディオ・カヴァリエール(グローバル ブランド アンバサダー)が来日。世界が讃えるその機構の真髄と、「オーデマ ピゲ」の伝統を語ってもらいました。


──今回、日本にお持ちになった最新作『ジュール オーデマ・ミニッツリピーター・スーパーソヌリ』の特徴、技術的アドバンテージをご説明頂けますか。

ジュリオ・パピ(以下パピ) 「昨年発表した『ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリ』とは、少し趣が異なります。文字盤はグランフー・エナメルで、中心と外縁で色が異なるフュメ・ダイヤル。そしてケース素材はプラチナです。実は、プラチナというのは音を響かせるには相応しくない素材なのです。重くてやわらかく、音の伝導には決して望ましいものではない。伝導がよい素材は、たとえば教会の鐘に使われるブロンズのような金属です。しかし私たちの技術は、ケースを通じて音を伝えているわけではない、だからプラチナでも構わないのです。しかも、防水性をもたせながら、いかに音を(時計の)外へ響かせていくかという難問を解決しています」 

「実際、『ジュール オーデマ・ミニッツリピーター・スーパーソヌリ』に採用された“スーパーソヌリ”は、ケースそのものではなく“音響板”で音を響かせるという独創的なシステムです。音を鳴らすためのゴングも従来のミニッツリピーターのように(ムーブメントの)地板に固定するのではなく、この音響板に取りつけられています。ゴングの振動は地板を通じてケースに至るのではなく、直接この音響板に伝達されるのです。裏蓋には開口部があり、音響板との間の空間で音が増幅されて、より広がっていきます。ケースに依存せず、独立した機構の中で豊かな音色と音量を確保できるのです。このシステムのもと、従来は可能性が狭められていたケース素材の選択にも、“フリーハンド”が提供できました。時計そのもののあり方が機構によって束縛されてしまうという本末転倒の状態から、ミニッツリピーターを解放したのです」

革新の“ミニッツリピーター”から、「オーデマ ピゲ」の技術と伝統を読み解きます。

複数のブランドで製造部門のマネージャーを経験、APでも開発のトップなどを経て現職にあるカヴァリエール。「ブランド内部の人が務めるアンバサダー」という異例のポジションも時計に精通した男ならでは。APの魅力を的確に情報発信します。

革新の“ミニッツリピーター”から、「オーデマ ピゲ」の技術と伝統を読み解きます。

AP在籍を経て、一度独立したパピ氏。現在は「オーデマ ピゲ・ルノー エ パピ」で凄腕をふるう、腕時計界の生きる伝説。起業家としても一流ながら、2008年にジュネーブ・ウォッチメイキング・グランプリの最優秀時計師賞を受賞したこともある天才時計師。

革新の“ミニッツリピーター”から、「オーデマ ピゲ」の技術と伝統を読み解きます。

オーデマ ピゲがつくり上げてきた歴代のミニッツリピーターが、今回の来日に帯同。ポケットウォッチ時代から始まる複雑機構の系譜は、そのまま腕時計の発展史に重なります。