アクタスと深澤直人とマルニ木工がつくった、「MEGURO」という名のラ...

アクタスと深澤直人とマルニ木工がつくった、「MEGURO」という名のラウンジチェア

文:Pen編集部

「MEGURO(メグロ)」(W737×D707×H765×SH383mm)オーク¥308,000(税込)~ 、ウォールナット¥352,000(税込)~ 。2020年5月、アクタス直営店にて発売予定。写真はともに木材にオーク、張り地にレザーを使用したもの。

リビングで寛ぐためにはソファが欠かせない――その考えを覆す椅子が現れた。アクタスとプロダクトデザイナーの深澤直人、マルニ木工による共同プロジェクトから生まれたラウンジチェア、「MEGURO(メグロ)」だ。

三者によるプロジェクトは今回が2回目。「より上質で、時代に左右されず、そして人々に永く愛され続ける家具を世に送り出す」というコンセプトから始まり、2013年にダイニング家具シリーズ「AOYAMA(アオヤマ)」を発表した。

イームズラウンジチェアエッグチェアなど、重厚感のあるラウンジチェアとは異なり、MEGUROは細いフレームが支え合うスマートなデザインだ。背もたれは座面よりも横幅が広く、ゆったりと身体を預けることができる。また、座面の位置や重心が低くつくられているため、オットマンなしでも快適に過ごすことができる。

深澤直人は、「椅子を決めるということは、自分のライフスタイルや生き方を決めることに価します。MEGUROは、そうするに相応しいアイテムです。あと10年後に価値観や暮らし方が変わったら変えようというような過渡期の椅子ではなく、私の人生はこれでいこうと、決めるときに選ぶのがこの椅子だと思います」と語っている。

自宅で過ごす時間が増え、インテリアの見直しを考えている人も多いのではないだろうか。ソファや既存のラウンジチェアとは一味違った寛ぎの空間をもたらしてくれるMEGUROは、座る人の十年、二十年、その先の人生にも寄り添って、支えてくれるはずだ。

背もたれの奥から前脚に伸びるアームのなめらかな曲線は、マルニ木工が手がける削り出しの技術によって実現した。

木材はオークとウォールナット、張地は9色のファブリックと2種8色のレザーから選ぶことができる。写真は木材にウォールナット、張り地にファブリックを使用。

問い合わせ先/アクタス
www.actus-interior.com
※営業日時・発売時期などが予定なく変更になる場合があります。事前に確認をお薦めします。

アクタスと深澤直人とマルニ木工がつくった、「MEGURO」という名のラ...
Feature Product 快適な風で空気を清浄しながら、湿度までコントロール。「Dyson Pure Humidify + Cool」で、爽...
Feature Product 快適な風で空気を清浄しながら、湿度までコントロール。「Dyson Pure Humidify + Cool」で、爽...