酷暑にがんばった冷蔵庫、買い替えるならやっぱり‟使いやすさ”が光るシャ...

酷暑にがんばった冷蔵庫、買い替えるならやっぱり‟使いやすさ”が光るシャープの新モデルを。

文:神原サリー

酷暑にがんばった冷蔵庫、買い替えるならやっぱり‟使いやすさ”が光るシャープの新モデルを。

シャープ プラズマクラスター冷蔵庫SJ-WX55E 電動どっちもドアタイプ 実勢価格¥290,000

冷蔵庫もそろそろ2018年の新モデルが各社から登場するシーズンです。酷暑の中、がんばった冷蔵庫の買い替えを考える絶好のタイミングですね。シャープから8月に登場した冷蔵庫「SJ-WX55E」は、使いやすさで人気の「どっちもドア」と大容量の冷凍室「メガフリーザー」搭載で、家電店の売り場でもひと目でわかる印象的なレイアウトがポイントです。

右からも左からも開くドアは、引っ越しが多い家でも置き場所を気にしなくていいだけでなく、キッチン側からもダイニング側からもモノが取り出しやすいなど、利点がいっぱい。ドアポケットにたっぷりの飲み物を入れても、電動アシストで軽々開くのがいいですね。両手がふさがっている時や調理中でも、軽く触れるだけでドアが開けられます。実は、この「どっちもドア」の機構は独自のヒンジ構造を採用しているので、地震の際にも一般的な片開きドアに比べて開きにくく、中のモノが飛び出しにくいという利点があるのです。

144ℓのメガフリーザーは仕切りが付いているので、冷凍食品も立てて整理がしやすく、安定した低温をキープする新鮮冷凍モードで霜が付くのも抑えます。真ん中に位置する野菜室も低温で包み込みつつ、乾燥を防ぐ構造になっているため、‟雪下野菜”のような保存が可能に。ニンジンやジャガイモなどの甘味成分がアップしてぐんとおいしくなるとはうれしいですね。その他にもロックアイスのような製氷ができたり、上段冷凍室を使った30分のタイマー冷凍で粗熱取やデザートづくりができたり、プラズマクラスターで雑菌を防ぎながら保存できるチルドルームを備えていたりと、他にはない魅力が満載の一台です。

シャープ プラズマクラスター冷蔵庫SJ-WX55E 電動どっちもドアタイプ 実勢価格¥290,000

シャープお客様相談室
TEL:0120-078-178
(携帯電話からは TEL:0570-550-449)

酷暑にがんばった冷蔵庫、買い替えるならやっぱり‟使いやすさ”が光るシャ...

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018