小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。
写真:永井泰史 文:佐藤千紗

#26 小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

扱うモノの魅力を語る店主の小林和人さん。その絶妙な語り口に、つい引き込まれてしまいます。

12月に入って街が慌ただしくなると、今年のプレゼントはなににしようかと思い巡らせる人も多いのでは? 大切な贈り物だからこそ、ていねいに選びたい。どこにでもある店ではなく、信頼できる店主が選んだものを、雰囲気のいい空間で、その魅力を聞きながら買う。そんな時に思い浮かぶのが、小林和人さんの店です。今回はいまの季節にぴったりのギフトを代々木上原に移転した「ラウンダバウト」で選んでもらいました。

吉祥寺の名店として17年もの間親しまれた「ラウンダバウト」がビルの建て替えにより、新天地に引っ越したのは今年4月。新しい店は駅からほど近く、閑静な住宅街のマンションの半地下にあります。元キャバレーを改装した吉祥寺店ほどアンダーグラウンドな雰囲気はないものの、小さな入口からは想像できない奥行きのある店内、建物の一角に巣くうような店の佇まいはそのまま。荒々しくも凛としたコンクリートの空間に、実用的で昔ながらの道具の良さを持ったものたちが並びます。日用品中心の品揃えは基本的には以前と変わらないものの、新しく取り扱い始めたアイテムもちらほら並びます。

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

コンクリートの躯体がむき出しの店内。「OUTBOUND」と同じく、建築家の新関謙一郎さんが手掛けています。

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

小林さんが「いま面白いアイテムはこれ」とまず手に取ったのが、YNOTのバックパック「Magnetica」。仕上げは2種。コーデュラナイロン¥35,640、ワックスキャンバス¥42,120

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

同じくYNOTのパッカブルのデイパック「Deploy」を、小林さんは旅行用のサブバッグとして活用しているといいます。コーデュラナイロン¥13,500、ワックスキャンバス¥17,820

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

やわらかな素材に真鍮の羽根ピンがアクセントになった、「saravah」のウールフェルトハット。¥19,440

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

「saravah」は帽子職人・坂口直顕さんのハンドメイドによるハット・ブランド。クラシックモダンなデザインが魅力で、小林さんが被っているのも、「saravah」のもの。

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

もともとライフル用だというイギリスの「CHESTER JEFFERIES」のグローブ。指を覆わないため、スマホの操作にも便利。¥12,960

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。

クラシックなデザインの、ドライバーが入れ子になる工具キットもギフトとしておすすめ。¥3,240

「これ、どうやって開けると思います?」

おもむろに小林さんが手に取ったのは、最近扱い始めたというカナダ・トロント発「YNOT」のメッセンジャーパック。通常のようにバックルサイドを押すのではなく、強力なマグネットにより開閉できるようになっています。旅行にも対応できる大容量で、背面にはノートPCが入れられるスリーブ付き。生地はコーデュラナイロンと経年変化を楽しめるワックスキャンバスの2種類で 、しっかりした上質なつくり。小林さんは主に出張や旅行用として使い、宿に着いたらパッカブルのデイパックに変え、街に繰り出すそう。デイパックは値段も手頃で、プレゼントに良いのではと、和やかによどみなく語る小林さん。

次にオススメしてくれたのは、帽子職人・坂口直顕さんがつくる「saravah」のハット。小林さんが被っているベレーも「saravah」のもので、やわらかく馴染んだ風合いが気持ち良さそうです。店に置いてあるのは、小林さんの眼を通して選び、多くは実際に使っているもの。しかも、店にいれば、つくり手のことから使い心地まで、直接聞けるのも醍醐味です。

小林和人さんと選ぶ、クリスマスの贈り物。