若者たちはいま、アナログカメラに夢中。
BERLIN ベルリン

若者たちはいま、アナログカメラに夢中。

文:河内秀子

映像撮影用の8㎜のフィルムカメラの品揃えは欧州随一。特にニッツォなどドイツ製が人気だ。フィルムのみの販売も行っている。photograph by Gianni Plescia

店名の「クリック&シュール」は、日本語で言うところの「パシャッ、ジー」というカメラのシャッター音とフィルムの巻かれる音を表したもの。現在、ドイツでは唯一となるアナログカメラ専門店だ。フィルムを使って写真や映像を撮ったことがない20代の若者を中心に、人気を集めている。オーナーは映像専門誌の編集長を務めた経験から、アナログカメラを販売・修理する店が激減していることに着目、オープンに至った。「カメラは使ってこそ」と、店に置かれる約700台は100~500ユーロの手頃な価格帯で、修理・調整して販売。さらに1年の保証サービスも付く。撮影の講習会も開催しており、アナログカメラのブームを牽引している。

Click & Surr

Gartenstrasse 4,10115 Berlin
最寄り駅:NORDBAHNHOF 
TEL:030-5165-7165
(11時~12時のみ受付)
営業時間:11時~19時
休業日:日、月
www.clickundsurr.de

若者たちはいま、アナログカメラに夢中。

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。