あの時のレクサス クーペを思い出させて!?  『マイア...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第96回 LEXUS LC500 / レクサス LC500

あの時のレクサス クーペを思い出させて!?  『マイアミ・バイス』に、LC500を登場させるなら。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて9年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

ノーズからルーフへの優雅なラインが象徴的なクーペボディ。

今回、アメリカのマイアミで、レクサスのLC500をサーキットと一般道の両方で試乗する機会を得た。マイアミでクルマと言えば、TVドラマシリーズ『特捜刑事マイアミ・バイス』で主人公のジェームズ・ソニー・クロケットが乗ってたフェラーリのデイトナ スパイダーか、テスタロッサが真っ先に思い浮かぶ。カーカスタムも人気で、超大径ホイールに超扁平タイヤを装着してリフトアップするマイアミスタイル(変態)の本場でもある。いずれにしてもマイアミはモータースポーツの聖地、デイトナビーチもすぐ近くだし、アメリカ車文化のホットスポットなんだな。
実際、市内を貫く幹線道路の95号線を流していると、世界のほぼあらゆる自動車メーカーのクルマがまんべんなく走っていて、その多様性に感動させられるんだ。レクサスも例外ではなく、高級メーカーとしてメルセデス・ベンツの向こうを張りつつ、数の多さという意味では国産のキャデラックやリンカーンもしのぐ存在感だった。個人的にも「レクサスはアメリカのブランドだ」というのが、14年前に日本に上陸した時以来の感覚としてある。
そんなマイアミでレクサスのクーペ、LC500に乗ってみると、自慢の自然吸気のV8エンジンがサーキットでも街中でもホント「最高!」なんだな。このV8エンジンはドロドロと不規則なOHV由来の雑味がなく、よく回り、高回転時のクリアな抜け感が素晴らしいエンジン。むろんフロリダの青い空とパームツリーによく合っているわけだけど(笑)、制御する10段のダイレクトシフトATがホントよく出来ている。2t弱のボディを動かすのに、重量を感じさせることなく、あらゆる速度域で間断なく必要なだけトルクを引き出していく。サーキットで走ればよくわかるんだけど、走り込んだ分だけシフトワークに反映されている印象だね。さりげなくて、でも隙がない。
ステアリングもとても素直なので、サーキットでも片手で操作し、もう片手は添えるぐらいでちょうどいい。挙動の把握がしやすいからか、一周走るとエイペックスの位置が自然に記憶され、取るべきラインもよく見える。結果、ものすごく運転が上手くなった気にさせてくれるクーペでもある。そもそもLC500はすごく運転しやすくて、カジュアルな高級スポーツクーペとして乗り手を選ばないしね。

1 / 2p