ようやく会えたランドローバーのオーバーランダー。新型デ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第118回 LAND ROVER DEFENDER 110 / ランドローバー ディフェンダー 110

ようやく会えたランドローバーのオーバーランダー。新型ディフェンダーで、ユニオンジャックに再び恋をする。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

ランドローバー史上最も堅牢なアルミ製モノコックボディを採用した新型ディフェンダー。

ランドローバーのオリジナルモデルであるディフェンダーが、新型となって復活した。先代までのディフェンダーって、増えすぎたメルセデス・ベンツのGクラスへのアンチテーゼとして需要があったのかな(笑)。都内で並行輸入車もたまに見かけたけど、街乗りには窮屈なオフローダーなので、最近ではめっきり見かけなくなった印象がある。その特性はスタイリングも含めて、昔気質のオフローダー。泥濘地に分け入るためのマッドクローラーにして、やっぱり生粋の英国車でもあった。

狭くてタイトな運転席に革張りのシート。佇まいにクラシカルな品があって、日本でも正規販売していればちゃんと一定の台数は売れていたと思う。個人的には北海道のラリーで林道パトロールをしていたディフェンダー 90のオーナーだったり、営林署の職人、4駆のカスタムショップのオーナーといったアウトドアのプロが、さりげなくディフェンダーで現れたりすると大いに頷かされていたんだ。

もともとディフェンダーは車名としてランドローバーを名乗っていて、メーカーの代名詞でもある。その歴史は第二次世界大戦時に使用されていた軍用ジープまで遡り、90や110といった車名はホイールベースの長さに由来している。2007年モデルまではリアのシートが対面型のモデルもあったぐらいだ。一度生産をやめた理由は、安全基準と排ガス規制に適合できなくなったからというごもっともな理由とは別に、メルセデス・ベンツのGクラスやジープのラングラーといったライバル社のクロスカントリービークルが市場を席巻。こうした動きに対抗するために、一気に競争力を上げなくてはならなくなったからなんだ。

「いつまでもグラストンベリーのぬかるみと格闘しているわけにはいかない」ってこともないだろうけど(笑)、英国を出て新工場をスロバキアに設立し、新設計の完全フルリニューアルで新登場した。そして日本にも初上陸の運びとなったわけ。

まず実車を見た瞬間に、高さを伴ったそのボリューム感に圧倒されるよね。そりゃあ、昨年のラグビーワールドカップ決勝でともに登場した「リーチマイケル選手が普通の体格に見えたはずだわ」みたいな(笑)。レトロフューチャーな佇まいにして、オフロードタイヤを履き、オプションのシュノーケルやルーフキャリアを装備。前後の短いオーバーハングの仕様には、ハードコアなオフロードを踏破するギラついた自信がみなぎっている。デザイナーであるジェリー・マクガバンの卓越したプロダクトデザインに、乾杯するしかないわけ。

素晴らしいのはフロントウィンドウをフラットにしたり、むき出しのドアヒンジを使わなくとも、クロスカントリービークルのタフネスさを表現できると証明した点。というか、明確に「やめだ、やめ。先に行こう」って促しているのね(笑)。これはGクラスやラングラーといったライバルへのポジション取りではなく、現在のディスカバリーやレンジローバースポーツといった優秀な兄弟モデルの血統から、タフネスさを結晶化させた新車種を生み出すという意思の表れなんだよね。

この作業で慧眼さを裏付けるのは、エッジネスとタフネスは手と手を携えて、ランドローバーにとっても未体験の新デザインをつくり出すと確信していた点にある。最先端の意匠を施されたギアは、機能も飛び抜けていると感じられる。その逆もありで、機能が飛び抜けていれば、それ自体が最先端になりえる。簡単に言うと、アウトドアブランドとエッジィなファッションブランドのコラボみたいなことだけどね(笑)。

1 / 2p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。