使い勝手に優れた、生活家電としての4Kテレビの最新版。
家電コンシェルジュ
concierge 神原サリー Sally Kamihara
新聞社勤務を経て「家電コンシェルジュ」として独立。豊富な知識と積極的な取材をもとに、独自の視点で情報を発信している。2016年、広尾に「家電アトリエ」を開設。テレビ出演や執筆、コンサルティングなど幅広く活躍中。

青野 豊・写真
photographs by Yutaka Aono
三菱電機 RA1000シリーズ
MITSUBISHI ELECTRIC RA1000 〈液晶テレビ〉

使い勝手に優れた、生活家電としての4Kテレビの最新版。

新4K衛星放送チューナーを搭載した4Kテレビ。使いやすさも魅力。実勢価格¥237,000(40インチ)

2009年に世界初のオールインワン録画テレビ「REAL」が誕生した時から、三菱電機が一貫してコンセプトに掲げているのが「生活に身近な家電としてテレビを捉え、画質や音だけでなく使いやすさを追求している」ということ。最新モデルとなる「REAL4K」RA1000シリーズは、新4K衛生放送を視聴できる...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
使い勝手に優れた、生活家電としての4Kテレビの最新版。