ヒルクライムの“トニートニー・チョッパー”現る!? メ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第117回 MERCEDES-AMG A 45 S 4MATIC+ EDITION 1 / メルセデスAMG A 45 S 4マティック+ エディション1

ヒルクライムの“トニートニー・チョッパー”現る!? メルセデスAMGのA 45 S、そのモンスター級の実力とは。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

400台限定の「A 45 S 4マティック+」のエディション1仕様。

世界最強の2リットルエンジンを搭載し、ライバルの追随をまったく許さない孤高の存在、メルセデスAMGのA 45シリーズ。新型の馬力は大台を超えて421馬力となり、トルクは500ニュートンメートル。1気筒当たりの馬力は100馬力超えと、完全に常軌を逸している(笑)。本来なら3リットルの6気筒エンジンがお誂え向きなスペックを、2リットル直列4気筒ターボに封じ込めているわけ。

そもそもAクラスってAMGの設定はなかったし、20年前は世田谷通りを行き交うおにぎり型がかわいい、ヤングマダムのセカンドカーだったのね。ファニーでかわいいのに、正面にスリーポインテッド・スターのバッジが入っていて、「あら、これベンツなのね。素敵!」とオチがつくモデルだった。

様子がおかしくなり始めたのが(笑)、3代目のW176型から。全長が400mm伸ばされて、全高を160mm低くし、いわゆるBセグメントからCセグメントカーへ。このセグメントの世界標準と言われるフォルクスワーゲンのゴルフ、BMWの1シリーズ、アウディのA3といった新たなライバルたちへの対抗心を、むき出しにしてきたんだ。そのスタイルは同じFFレイアウトながら、大人のファニーカーからホットハッチへ“キャラ変”してきたって感じ。

そして「ライバルはゴルフ」と聞いて黙っていられなかったのか(笑)、AMGは4輪駆動化し、奇跡の2リットルツインスクロールターボエンジンを投入してきた。それが先代の133型エンジンなのね。このエンジンならラリーの世界を席巻しそうなものだけど、Cセグメントならではのラリーには大きすぎるサイズ感からか、競技人口の増加にはつながらなかった。このモデルの末期には500万円台でレーシングエディションも出ていて、ターマック(舗装路)を主戦場にするプライベーターにとっては、この上ないベース車両だったんだけどね……。

この新型は、従来のコンセプトをそのままにフルモデルチェンジ。もともとサーキット寄りだったものを、よりいっそうサーキット仕様にした。エンジン出力はグンと上がり、トレッド幅を広げ、ホイールベースを延長。そんな新型A 45 Sを、峠を中心に600kmぐらい乗ったけど、つくづくド級のモンスターだね。一見かわいく見せておいて、規格外のパワーを秘めているあり得なさは、人気コミック『ワンピース』の小さなトナカイ、トニートニー・チョッパーみたいですよ(笑)。「そんな変身、アリなのか?」みたいなね(笑)。

とりわけ度肝を抜かれたのがヒルクライム。FFベースの取り回しのよさにとてつもないパワーがあるから、神奈川・箱根の七曲がりみたいな急坂でも鬼神のように上っていく。「一気呵成」と、毛筆で書き添えたいぐらい(笑)。特にクローズドコースでの使用が推奨されている、レースモードの覚醒しきった走りはヤバい。DSC(横滑り防止装置)を切らなくても、スポーツプラスからの挙動のキレやサウンドも1.5倍増しぐらいになって、新型の進化をよりリアルに感じられるんだ。実際にクローズドコースにもち込んで使用してみたんだけど、「こんなのラリーに出るしかないじゃん」という気持ちを新たにさせられたのね(笑)。

1 / 2p