時を超え魅力を競う、レジェンドモデルと最新クロノグラフ
両天秤の腕時計
文:並木浩一 写真:宇田川 淳

時を超え魅力を競う、レジェンドモデルと最新クロノグラフ

21

CARTIER
カルティエ

カルティエの「サントス」は、時計好きの洒落者が避けては通れない名品の試金石だ。なにより、オリジナルの発表は1904年で、すべての腕時計がリスペクトすべき歴史をもつ。現在も続く腕時計のエバーグリーン・トレンドである角形やローマ数字インデックスも、すべてはここから始まっているのだ。
今年登場した新作のひとつは、そのオリジナルの雰囲気を色濃く残す「サントス デュモン」である。シルバーの地に映える細身で華奢なローマ数字インデックスに、カウンターのないブルースチールの針。100年以上前に、空を飛ぶことを一生の使命と心に定めた英雄アルベルト・サントス=デュモンのためにつくられた伝説が蘇る。今回は6年間という驚異の連続作動能力を秘めた、新世代のクオーツムーブメントを搭載。薄くて軽く、スタイリッシュなキャラクター設定は、伝説の名品に新しい命を吹き込んだ。
一方で、スタイルからしてまったく新しいのは「サントス ドゥ カルティエ」クロノグラフである。サントスのエレガントなスタイルを表現するために、すっきりとしたクロノグラフのあり方を再検討した結果、フォルムも変わった。スタート/ストップは9時位置のボタンで操作、リセットボタンはリューズ上という新機軸である。しかも特許出願の「クィックスイッチ」システムでストラップを簡単に交換でき、購入時にはラバー製ストラップとアリゲーター製ストラップがセットになっている。新開発のDバックルも、開閉によって革を傷めることがない。
蘇ったレジェンドとまっさらな新作は、どちらも万能のコーディネート上手だ。どんなテイストでも、由緒正しき「サントス」の末裔たちがまず、圧倒的な存在感で目を惹いてしまうのである。

  • サントス ドゥ カルティエ クロノグラフ

    自動巻きマニュファクチュール・ムーブメント、ステンレス・スチール、ケースサイズ51.3×43.3mm、ケース厚12.5mm、ラバー製ストラップ+ブラックアリゲーター革ストラップ(クィックスイッチ交換可能システム)、100m防水。¥1,047,600(税込)

  • サントス デュモン

    クオーツ、ステンレス・スチール、ケースサイズ43.5mm×31.4mm、ケース厚7.3mm、パール状の飾り付きリューズにカボションシェイプのシンセティック ブルースピネル、連続持続時間約6年、アリゲーター革ストラップ、日常生活防水。¥429,300(税込)

カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:120-301-757

時を超え魅力を競う、レジェンドモデルと最新クロノグラフ

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。