北欧家具ブランドのパイオニアが、旗艦店を初進出。
COPENHAGEN コペンハーゲン

北欧家具ブランドのパイオニアが、旗艦店を初進出。

文:冨田千恵子

店があるのは観光スポットのローゼンボー城近く。入り口の「オーシャン・チェア」や、窓越しに並ぶ漁網や木材が目印だ。photo: Mater Design

デンマーク発の家具ブランド「メーター」は、2006年の設立以来、再生アルミニウムや廃材などを活用して家具を製作してきたサステイナブル分野のパイオニアのひとつだ。このほど市内中心部に、「メーター・アース・ギャラリー」をオープンした。
店内には、ノーマの内装を手がけた人気ユニット、スペース・コペンハーゲンがデザインしたヒット作「ハイ・スツール」をはじめ、漁網と廃棄プラスティックを使った最新作「オーシャン・チェア」、デンマークの若手デザイナーデュオ、ウオロンによるオーガニックコットンのラウンジウエアなどが並ぶ。「アップサイクルと呼ぶにふさわしい、旬のデザインを体験してほしい」とオーナーは語る。

Mater Earth Gallery

Gothersgade 43, 1123 København K
最寄り駅:NØRREPORT
TEL:20-30-55-55
営業時間:11時~16時30分(火、水) 11時~18時(木、金) 10時30分~15時30分(土)
定休日:月、日、祝
https://materdesign.dk

北欧家具ブランドのパイオニアが、旗艦店を初進出。

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。