まるで呂布が駆る“赤兎馬(せきとば)”ベルリネッタ!?...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第113回 FERRARI 812 SUPERFAST / フェラーリ 812 スーパーファスト

まるで呂布が駆る“赤兎馬(せきとば)”ベルリネッタ!? フェラーリ 812 スーパーファストと、主従の契りを結ぶ。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

フェラーリ創立70周年を記念した赤色、ロッソセッタンタンニを纏った812 スーパーファスト。

フェラーリ 812 スーパーファストの“812”とは、最大出力800馬力と12気筒エンジンを搭載しているという意味。エンジンはフェラーリのV型12気筒自然吸気シリーズであるF140の最新型で、排気量は6.5リットル。フェラーリ史上最もパワフルな自然吸気エンジンで、高性能ターボに匹敵する噴射圧3...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら