もはや“アンタッチャブル”なクールネス!? BMW M...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第112回 BMW M8 COUPE COMPETITION / BMW M8 クーペ コンペティション

もはや“アンタッチャブル”なクールネス!? BMW M8 クーペは、デ・ニーロ・アプローチで真価を見せる。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

待望のMシリーズの頂点に立つM8 クーペ コンペティション。

ロサンゼルスのビバリーヒルズやベルエア、ハリウッドヒルズといったアメリカ西海岸のセレブエリアは、間違いなく世界中の高級車が集まるホットゾーン。それと同時に北米の高級車市場のトレンドがわかる場所でもある。復活したBMWの旗艦シリーズである8シリーズクーペは、明確にそんな北米の高級車市場をターゲットにしてきた。

V8エンジンで明るくラグジュアリーなインテリア、車体のサイズは大きくて贅沢な2ドアの2+2シーター仕様。後部座席はほぼ手荷物を置くためのスペースで、基本的にユーティリティ性に乏しい大型クーペは、見た目重視のカテゴリーに入ると言える。男性が乗るイメージが強いけれど、この界隈でスポーツカーはいたってジェンダーレスな乗り物でもあるんだな。

そんないかにもロサンゼルスの富裕層に好まれそうな8シリーズクーペのド直球な感じを、デヴィッド・リンチ監督の映画でも知られる彼の地、マルホランド・ドライブになぞらえて「マルホランド感」と表現したいのね(笑)。今回乗った8シリーズの高性能バージョンであるM8 クーペは、マルホランドの住民もターゲットではあるものの、ただ無闇にパワーを上げただけじゃない。完全に腹を決めてきたところがあるんだ。

わかりやすいスポーティさやラグジュアリー性の記号を排して、いま一度ブランドの本質を問い直している。それは徹頭徹尾、「BMWらしくクールに行こう」ってことなんだな。たとえばセレブリティな俳優で言うと、ハリウッドの煌びやかな映画産業から自分探しを兼ねた原点回帰のために、ニューヨークのブロードウェイに舞台を移したって感じ(笑)。

わかりやすいところだと、シフトノブはクリスタル製から革巻き仕様へ。もっと本質的なところだと変幻自在な走りっぷりと、その排気音にある。8シリーズのスポーツ・プラスモードでは、明快すぎるぐらいV8エンジンのワイルドさが際立っていたのに対して、M8は走りのモードであるMモードでさえ音はほとんど変わらない。BMWの走りの頂点に位置付けられるM8なのに、「それでいいの?」って不安になるぐらいですよ(笑)。けれどもその静かな低音に耳を澄ませば、BMWが向かおうとしている先が見えてくる。

まずコンフォートモードで走り出すと、低音が濃密な気配のように漂ってきて、アクセルを入れて初めて明瞭にV8エンジンであることが主張される。さらに加速すると、低くて粒立った音が溶け合っていくようなV12エンジン感がある。この時点ではスパルタンの“ス”の字もなくて(笑)、メルセデス・ベンツのSLシリーズのような大人のクーペという趣だね。エアサスには浮ついたマルホランド感もあるし(笑)、時々ドンという路面入力をモロに受けてしまう以外は、Mシリーズとか走りのフラッグシップという感じはしない。

1 / 2p