モーリス・ラクロアで選ぶなら、お家芸のレトログラードか...
両天秤の腕時計
文:並木浩一 写真:宇田川 淳

モーリス・ラクロアで選ぶなら、お家芸のレトログラードか、ブルーの“ラグスポ”ウオッチか。

40

MAURICE LACROIX
モーリス・ラクロア

モーリス・ラクロアの評判は、腕時計の「通」と呼ばれる人たちの間で、すこぶるよい。ブランド自らが知覚価値と呼ぶ、きわめて高いパフォーマンスと反比例するコストがマニアを唸らせるのだろう。玄人も認める腕時計が、そうでない人間にもふさわしいという、公平でアンビバレンツな魅力である。特に高い評価を得てき...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
モーリス・ラクロアで選ぶなら、お家芸のレトログラードか...