クルマにも編集力を!? 生まれながらの名車、ボルボ S...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第107回 VOLVO S60 POLESTAR ENGINEERED / ボルボ S60 ポールスターエンジニアード

クルマにも編集力を!? 生まれながらの名車、ボルボ S60 ポールスターエンジニアードとは。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

グリルまでグロスブラックに仕上げた漆黒のスポーツセダン。

ボルボの4ドアセダン、S60にハイパフォーマンスモデルのポールスターエンジニアードが登場した。日本での販売は限定30台で、すぐに完売。この夏にはワゴンタイプのV60とSUVのXC60バージョンが販売されるらしいけど、こんなにユニークで素敵なクルマが台数限定なのは、ボルボファンにとってだけでなく世界のクルマ好きにとって、あまりに酷と言わざるを得ない(笑)。その魅力は、よく吟味されたコンテンツを揃えるウェルメイドな雑誌のような編集力にある。

そもそもポールスターはボルボのハイパフォーマンスブランドだったんだけど、2017年から電気自動車(EV)に特化した独立ブランドになった。このS60 ポールスターエンジニアードに乗ってみると、なるほどプラグインハイブリッド(PHEV)とはいえ、EV特有の静かで上質な走りを追求する方向に向かおうとしているのがよくわかるクルマだったんだ。搭載されたT8動力ユニットは2Lの直列4気筒エンジンにツインチャージャーと、電気モーターを組み合わせて420馬力を弾き出す。

PHEVなのでEV走行も可能なんだけど、まず普通にいちばん使うだろうハイブリッド走行が素晴らしい。エンジンとモーターの境目がほとんどわからないし、低速ではリアにトルクを供給するモーターがきっちり仕事をする。走りのモードともいえるポールスターエンジニアード・モードでは、トルクのリニア感が増し、エンジン音も存在感を発揮する。

これがよく静音された直6エンジンのようなニュアンスで、出しゃばることなく、スタイリッシュな走りを演出している。たとえるなら、シンガーソングライターのビリー・アイリッシュとマスクの共犯関係って感じかな(笑)。とにかくこのご時世、必需品のマスクがよりミステリアスかつセクシーに本人を演出している。一家言ありそうな、某都知事のマスクの柄も悪くないけどね(笑)。あははは。

そんなエンジンとモーターの隙のないコンビネーションに、S60 ポールスターエンジニアード最大の奇跡が組み込まれているのね。ポールスターはシャシーを強化してタワーバーを追加、22段階で調整可能なオーリンズ製DFV(デュアル・フロー・バルブ)サスペンションを搭載した。この足まわりが都会的なT8動力ユニットの走りとあいまって、このプロダクトを唯一無二にする絶妙なアクセントになっているんだ。

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。