絶対に負けられない戦いにニューフェイスを投入!? 新型...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第127回 BMW M440I XDRIVE COUPÉ / BMW M440i xドライブ クーペ

絶対に負けられない戦いにニューフェイスを投入!? 新型4シリーズは、新しいBMWクーペの序章になる。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー カマロ改。手に入れて11年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

新型4シリーズの4WD化された6気筒モデル。

BMWクーペの真打ともいえる、新しい4シリーズに乗った。それも伝家の宝刀、直列6気筒モデル。新型は4ドアモデルである3シリーズとの差別化を図るため、シャシーを共有しながらも全長・全幅を拡幅し、エクステリアで新たな個性を見せた。その最たるポイントが、大きな反響を呼んでいるフロントのキドニー・グリルだ。

「1930年代のスポーツカー、BMW 328にインスピレーションを受けた」とは言うものの、縦方向に長いこと以外に、意匠で似たところは見受けられない。従来のものと比較すると、大型化されたことに加え、グリル内はフィンからハニカムグリルに変更された。なんにせよ、このキドニー・グリルの大改変はBMWの歴史に刻まれる大事件と言えるはず。

兄弟分の新型3シリーズと並べると、それがよくわかる。新しいキドニー・グリルは、BMWのお約束的な見慣れたソレとは一線を画す、ゲームチェンジャーの役割を果たしている。なぜ、このデザインが必要だったのか? 「売れるから」という判断とは別に、明確に2ドアの4シリーズと4ドアの3シリーズを別物にしたかったからなんだと思う(M3は同じ大型グリルになるけど)。

まぁ、BMWとしてはさまざまな意図があるんだろうけど、BMWの新型クーペを乗り継いできたオーナーやファンはそうはいかない。「なにしてくれちゃってるの?」という、聖域を侵された怒りにも似た反応をしているのが手にとるようにわかる。これって、サッカー日本代表のユニフォームをめぐる賛否両論にそっくりなんだよね(笑)。2012年に、胸に赤い縦線(結束の一本線)を入れたユニフォームは、猛批判を浴びたけど、新しい監督の下で攻撃的サッカーに移行したことを示す必要なデザインだった。その批判でさえもある種の通過儀礼ってやつで。つくり手が「俺たちは変わるぞ」と言っても、受け手である思い入れの深い層は「そうはいかない」ってことはよくあるんだよね。

個人的には、キドニー・グリルのリニューアルは大正解だったと思う。なぜなら新型4シリーズのみならず、BMWスポーツの走りを新しい解釈で表現し、従来のクーペの美しさに加えて、観る者を二度見させるようなエッジィを与えているからなんだ。うん。どこから見ても攻撃的。そもそも同じスポーツクーペでも、2ドアと4ドアではパーソナリティが全然違う。走りを愛するドライバーなら、2ドアクーペがやっぱり本命で、BMWにおいては歴史的に見ても「絶対に負けられない戦い」がそこにあるっていうヤツですよ(笑)。

はい。そんな440i xドライブに乗ってみると、性能がよすぎて、上位モデルであるM4に乗るのが待ち遠しくなるスポーツクーペだった。でも街乗りで普段使いするなら、この直列6気筒モデルで十分すぎてお釣りがくる。普段は静かだけど、アクセルを踏み込むと自慢の直列6気筒が迫力のあるサウンドを聴かせてくれるでしょ。そこは387馬力、500ニュートンメートルの爆速クーペ。キレのある走りは、スマートなスポーツクーペを「毎日乗りたい」って諸兄にぴったりなんだ。

1 / 2p