週末の先輩は森を目指す!? レンジローバーのPHEVで...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第104回 LAND ROVER RANGE ROVER AUTOBIOGRAPHY PHEV / ランドローバー レンジローバー オートバイオグラフィ PHEV

週末の先輩は森を目指す!? レンジローバーのPHEVで、二拠点ライフに憧れる!

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

初のプラグインハイブリッド仕様となるレンジローバー PHEV。

つくらないメーカーは「ほぼない」という、高級SUVが百花繚乱のこの時代に、元祖とも言えるレンジローバーですよ。それも同ブランド初のプラグインハイブリッド(PHEV)で、フラッグシップのレンジローバー オートバイオグラフィに乗る。PHEVという最新のパワートレインを擁して、「これぞレンジローバー...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら