いま時のファストバックでハニー“トラップ”!? RS ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第102回 AUDI RS 5 SPORTBACK / アウディ RS 5 スポーツバック

いま時のファストバックでハニー“トラップ”!? RS 5 スポーツバックで、2020年代のトレンドを占う。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

RS 5で初導入となるスポーツバック。ソノマグリーン メタリックは専用色だ。

最初、新型のアウディ RS 5のフロントフェイスを写真で見た時、「これってR34型スカイラインへのオマージュ!?」って思ったのね。箱型のクーペボディに凛々しい目つき。V8の自然吸気からV6ツインターボに変更されて、もちろんクワトロ(4輪駆動)。いろんな意味で「間違いなさそう」とは思ったものの、先行して発売されたクーペはいまひとつピンとこなかったんだな。まぁリアにウィングが付いていなかったからかもしれないけど(笑)、今回出たスポーツバックは「これ!」って感じがしたね。個人的な幻影は取り払われたし、なによりめっちゃ格好いい。

実車を見ると、フロントフェイスがそんなに似ていないのもわかった。シルエットは肉感的で、むしろGT-R寄り。乗ればなるほど、第二の山口百恵を予感して話題のアイドルのコンサートにやって来たら、フィメールラッパーのカーディ・B、あるいは“ちゃんみな”がラップしてたって感じ(笑)。オマージュどころか、いま時のスポーツカーだったよね。2010年代から20年代に突入する、ちょうど「いまそこにあるアウディ」って感じかな。

あえてこのスポーツバックというジャンルを深掘りしているスタンスが、アウディらしくてお洒落。ゴルフ場の駐車場に停めていても、抜群に映えるよね。これでシャープなスタイリングを保てて、好戦的なリアのファストバックスタイルが効いている。むろんリアウィングなんか全然いらないですよ。もうファストバック最高でしょ。

走らせてみるとスタイリングにも増して、2010年代から現在に至るトレンド要素は網羅されているのね。あらゆる外部音をミュートしつつ、繭に包まれている感覚に重なる濃密なV6エンジンの存在感が、洗練のスポーツカーを印象づける。ちゃんと排気音はスポーツエグゾーストシステムでチューニングされているわけだけど、街乗りで走っているぐらいのスピードでも、軽快なステアリングとあいまってとにかくスタイリッシュなんだ。20年代に向けての感覚で言えば、シャシーの骨太感を主張していないこと。さらりとスポーツカーを着こなす感じが秀逸なのね。

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。