キギの「OUR FAVOURITE SHOP」で、美術...

キギの「OUR FAVOURITE SHOP」で、美術作家・久門剛史を迎えた“ひなまつり展示”とは?

植原亮輔と渡邉良重によるキギ、クリエイティブディレクターを務めるbluestractの森谷健久、信楽焼の窯元である丸滋製陶の今井智一による白金のギャラリー&ショップ「OUR FAVOURITE SHOP」では、3月5日(日)までの期間、ひなまつりの展示にあわせて、京都在住の美術作家、久門剛史を迎えた「OUR FAVOURITE SHOPの”ひなまつり”  展示構成 久門剛史(美術作家)」を開催する。

展覧会では、渡邉良重の山口県の生家にあった雛人形と共に、久門が距離や視界をテーマとした空間を作り上げる。さまざまな現象や歴史を採取し、音や光、立体を用いて個々の記憶や物語と再会させる劇場的空間インスタレーション。近年では、劇団チェルフィッチュの舞台美術・音を担当するなど、ジャンルを超えて活躍の場を広げる彼の作品をお見逃しなく。

madame Figaro.jpより転載

《PAUSE》(2016 年)サウンド、スポットライト、電球、木材、アクリル、鏡、アルミ、ジョーゼット、ムーブメント、ほか 撮影:怡土鉄夫

《Quantize #5》(2015 年)サウンド、電球、木材、アクリル、アルミ、ジョーゼット、ムーブメント、ほか Courtesy of OTA FINE ARTS

《Quantize #1》(2014 年)サウンド、電球、木材、アクリル、アルミ、ジョーゼット、ムーブメント、ほか Courtesy of OTA FINE ARTS

「OUR FAVOURITE SHOPの”ひなまつり”  展示構成 久門剛史(美術作家)」
会場:OUR FAVOURITE SHOP
東京都港区白金5丁目12−21
会期:~ 3月5日(日)
会場時間:12時~19時
定休日:月、火曜日(祝日を除く)
http://ofs.tokyo

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。