写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークシ...

写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークショーを開催!

写真:大河内 禎 文:Pen編集部

写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークショーを開催!

Penのためにたびたび美しい写真を撮り下ろしてきてくれた、ヨシダナギさん。このたび、初となる映像作品のディレクションに挑戦しました。舞台となったのは、山形県の豊かなるモノづくりの現場。ヨシダさんは、鋳物や紡績、製糸やニットやシルクのプリント、織物などの制作の現場を、つぶさに見て歩きました。そこにあふれる色、輝き、職人たちの真剣な表情……。これまでカメラに収めてきたアフリカやアマゾンとは違い、同じ日本に住む日本の人々を撮る中で、彼女が感じたものとは? 山形県が謳う「創造の山、理想の形」の魅力とは?

ヨシダさんの感性で切り取られ、完成した映像作品のタイトルは『colors~Yamagata Crafts~』。2018年11月15日から、山形県産品のよさを伝えるウェブサイト『上質な いいもの 山形』で公開中です。同日発売のPen12/1号では、その撮影の裏側に密着するとともに、ヨシダさんが訪れた現場のクリエイティビティについて、誌面でじっくり紹介しています。

このたび映像作品の公開を記念し、ヨシダナギさんと、訪問地のひとつである佐藤繊維株式会社の佐藤正樹社長、そしてPen編集長の安藤貴之によるトークショーを、2018年11月23日に「二子玉川 蔦屋家電」にて開催いたします。クリエイター2人のとっておきの話が聞けるイベントに、ぜひお越しください。

写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークショーを開催!

ヨシダナギ●フォトグラファー。1986年生まれ。2009年より単身アフリカへ渡航、以来、独学で写真を学び少数民族を撮り始める。現在は写真を撮りながら講演やコラムで人間の美しさや面白さを伝える活動を行う。写真集に『HEROES』(ライツ社)、著書に『ヨシダナギの拾われる力』(CCCメディアハウス)など。18年11月、初の映像監督作品となる『colors~Yamagata Crafts~』を山形県のウェブサイト『上質な いいもの 山形』上で公開。www.iimono-yamagata.jp photo© nagi yoshida

写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークショーを開催!

佐藤正樹●佐藤繊維株式会社 代表取締役 社長。日本ニット工業組合連合会理事長。1966年、山形県寒河江市生まれ。日大山形高校から文化服装学院に進み、卒業後、東京のアパレル会社に就職。92年、曾祖父が32年に興した紡績・ニット製造の佐藤繊維へ。極細モヘア糸の開発や自社ブランドをスタートするなどオリジナリティ豊かな戦略を推進、その品質の高さは世界から注目されるようになる。社長就任は2005年。県産業賞、経済産業省「ものづくり日本大賞」経済産業大臣賞、アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン東北地区グランプリなどを受賞。17年春には藍綬褒章受章。http://satoseni.com

「写真家 ヨシダナギの見た山形のモノづくり」トークショー

開催日時:2018年11月23日(金・祝) 15時~16時
開催場所:二子玉川 蔦屋家電 ダイニングスペース
東京都世田谷区玉川1丁目14番1号 二子玉川ライズ  S.C. テラスマーケット
TEL:03-5491-8550
出演:ヨシダナギ(写真家)、佐藤正樹(佐藤繊維株式会社社長)、安藤貴之(雑誌『Pen』編集長)
定員:70名(当日13時より蔦屋家電内で整理券配布)
入場無料
主催:CCCメディアハウス 共催:山形県

写真家ヨシダナギが間近に見てきた「山形県のモノづくり」を語る、トークシ...