まだまだ興奮冷めやらぬ三国志旋風、東京に次ぎ10月1日から九州で特別展...

まだまだ興奮冷めやらぬ三国志旋風、東京に次ぎ10月1日から九州で特別展が開幕します。

文:Pen編集部

三国志展のキーヴィジュアルにもなっている、甲冑を纏った「関羽像(かんうぞう)」。高さ172㎝で迫力がある。青銅製で15~16世紀の明時代の作。新郷市博物館蔵

三国志研究史上最大の成果で、海外初出品となる河南省の曹操高陵出土品や、呉の皇族クラスの墓と目される上坊一号墓(じょうぼういちごうぼ)の出土品など、最新の発掘成果から実現した日中文化交流協定締結40周年を記念した特別展『三国志』。7月9日から東京国立博物館で展覧が始まり、「リアル三国志」を合言葉...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
まだまだ興奮冷めやらぬ三国志旋風、東京に次ぎ10月1日から九州で特別展...