建築家の暮らしに学ぶ、家の時間をもっと楽しむ3つのヒント。

建築家の暮らしに学ぶ、家の時間をもっと楽しむ3つのヒント。

写真:大河内 禎 文:植本絵美

建築家の納谷新さんの自邸。床の高低差を活用すれば、ワンルームでも視線が変わるので、思い思いに過ごせる。

緊急事態宣言は解除されたものの、まだまだ油断できない日々が続く。数カ月前には想像もできなかったほどに家での時間が増え、断捨離をしたり、DIYに挑戦した人も多いのではないだろうか。「家は心の調律の場」とはある音楽家の言葉だが、家で過ごす時間が豊かだと心が満たされる。今回、それを実感した人も多いだ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
建築家の暮らしに学ぶ、家の時間をもっと楽しむ3つのヒント。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。