斉藤和義は、ジョン・レノンの“ギタリスト”としての才能に注目してこの一...

斉藤和義は、ジョン・レノンの“ギタリスト”としての才能に注目してこの一曲を選んだ。

文:梶原博子

斉藤和義●1966年生まれ。1993年にシングル「僕の見たビートルズはTVの中」でデビュー。翌年リリースされた「歩いて帰ろう」で注目を集める。2011年にはドラマー、中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSの活動もスタート。これまでに3枚のオリジナルアルバムを発表している。寺岡呼人、奥田⺠生、浜崎貴司、YO-KING、トータス松本とともに結成したカーリングシトーンズの一員としても活動。20年1月、20枚目のオリジナルアルバム『202020』をリリース。2月29日からは全国52公演のワンマンライブツアー「KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2020 “202020”」を開催する。20年1月28日(火)に、J-WAVE「STEP ONE」の特別番組「Pen TALK ABOUT JOHN」に登場。

ミュージシャンの斉藤和義は、デビュー曲のタイトルが「僕の見たビートルズはTVの中」。さらに「ジョン・レノン・スーパーライブ」に出演するなど、ジョン・レノンはミュージシャンとして影響を受けたヒーローとも言える存在のようだ。「愛と平和の人というイメージが強いですけれど、僕はギタリストとしてのジョン...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
斉藤和義は、ジョン・レノンの“ギタリスト”としての才能に注目してこの一...