ピーターバラカンは、自我が目覚める11歳の頃ジョン・レノンの反骨精神に...

ピーターバラカンは、自我が目覚める11歳の頃ジョン・レノンの反骨精神に憧れた。

文:梶原博子

ピーター・バラカン●1951年8月20日ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科卒業後、74年に来日。音楽出版社を経て、86年にブロードキャスターとして独立。テレビ、ラジオなどさまざまなメディアを通じて、ブルースやR&Bをはじめとする世界の音楽の豊かさを伝える。現在は放送番組の制作、出演を中心に活動している。2020年1月27日(月)に、J-WAVE「STEP ONE」の特別番組「Pen TALK ABOUT JOHN」に登場。


ロンドンで生まれ育ったピータ・バラカンは、自身が11歳の時、ビートルズが2曲目のシングル「プリーズ・プリーズ・ミー」で大ヒットした瞬間をリアルタイムで経験している。「生まれて初めて行ったコンサートがビートルズでした。1964年1月2日、母親と弟と3人で観に行きました。当時僕は12歳で、2000...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ピーターバラカンは、自我が目覚める11歳の頃ジョン・レノンの反骨精神に...