京都と美術の大特集。Pen 4/1号「京都めぐり、アート探し。」は3月...

京都と美術の大特集。Pen 4/1号「京都めぐり、アート探し。」は3月16日発売。

文:Pen編集部

日本の文化・芸術の都といえば、「京都」が思い浮かぶのではないだろうか。都が移された平安時代以降、幾度の世の激変を経てもなお、日本美術を牽引してきた。尾形光琳や伊藤若冲といったスターアーティストがこの地でつくり出した作品は、時を超えて我々を魅了している。あるいは、浄土の風景を再現したという平等院鳳凰堂は、息をのむような建築美もさることながら、当時の人々の想いを知るとまた違った感動を覚える。

一方、この春には昭和8年に開館した京都市美術館が「京都市京セラ美術館」として生まれ変わる。この美術館のある岡崎は、ロームシアター京都をはじめ多彩な芸術を発信するエリア。ローカルな空気感が心地よく、いま注目の場所だ。

ますますアートの中心的存在となるに違いない京都。古都で大切にされてきた美を、いま改めてひも解く。

購入はこちら


★見どころをピックアップ!

競い合うことで生まれた、スターアーティストたちの作品。


狩野永徳×長谷川等伯

出自も環境も対称的なふたりの絵師は、桃山という群雄割拠の激動期を象徴するように真っ向勝負をした。

尾形光琳×尾形乾山

“京都ブランド”を武器に、独自の美の道を歩んだ兄弟。

伊藤若冲×円山応挙

独創性か、写実か、天才絵師の異なる魅力。

竹内栖鳳×上村松園

京都画壇で新境地を開いた、子弟関係のふたり。

Pen 2020年4月1日号「京都めぐり、アート探し。」
2020年3月16日(月)発売
紙版 定価:700円(税込)/デジタル版 定価:600円(税込)

購入はこちら

Amazon
楽天ブックス
e-hon

京都と美術の大特集。Pen 4/1号「京都めぐり、アート探し。」は3月...
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。