流域面積世界一、魅惑のアマゾン川のすべてに迫る! Pen 8/15号「...

流域面積世界一、魅惑のアマゾン川のすべてに迫る! Pen 8/15号「ヨシダナギ撮り下ろし!最後の秘境、アマゾンへ。」が好評発売中です。

文:Pen編集部

最新号のPenは、全長6000km超、南米の9カ国を巡る巨大な “川の森” アマゾンの驚異に迫ります。昨年、好評を博した「美しいアフリカ」特集以来、再びタッグを組んだフォトグラファーのヨシダナギは、“森の守り人”カヤポ族の姿を撮り下ろしました。ほかにも、実際に現地に足を運んだ人々による、かの地のエネルギーを伝えるビジュアルや証言が満載。いまこそ、最後の秘境を、きちんと知る時です。

まずは、これまでアフリカの少数民族を追い続けてきたフォトグラファー・ヨシダナギが、アマゾンの先住民族、カヤポ族を撮り下ろしました。自分たちを取り巻く環境が激しく変化する中、誇りをもって文化や伝統を守ろうとするカヤポの人々。ヨシダナギのレンズが捉えた彼らの強い眼差しは、見る者の心を揺さぶります。

つづいて単身でアマゾンに通い続ける写真家・山口大志による、生命輝く楽園の写真を紹介します。自然や生物たちの決定的な瞬間が捉えられ、現地の空気やにおいや湿度までも「見える」ようです。この光景こそ、永く守りたい地球の宝です。さらに、原初の生活を営むヤノマミ族など、アマゾンに関するドキュメンタリー番組を手がけ、15回以上現地を訪れたテレビディレクター・国分拓が、文明社会と接触したことのない先住民族=イゾラドについて珠玉のエッセイを書き下ろしました。注目のノンフィクション『ノモレ』のスピンオフともいえる、胸に沁みるスペシャルエッセイをお楽しみください。

その他、開高健に始まる“怪魚ハンター”の系譜や、ジャングルに潜む危険生物図鑑、用の美を湛えた民芸品、フランス人フォトグラファーが森に投影する巨大なスルイ族のプロジェクション、アマゾンを知る敏腕シェフが考案してくれた「アマゾン風料理のレシピ」などの紹介ページも。なにからなにまで想像を超えるアマゾンに、すっかり虜になってしまう特集です。

「古くなるほど愛おしくなるモノ 一流品の条件。」
2018年 8月15日号 No.457 ¥648(税抜)
アマゾンで購入はこちらから → https://amzn.to/2AnBjco

流域面積世界一、魅惑のアマゾン川のすべてに迫る! Pen 8/15号「...

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。