連載でお馴染み、家電コンシェルジュのイチ押しが勢ぞろい! Pen 5/...

連載でお馴染み、家電コンシェルジュのイチ押しが勢ぞろい! Pen 5/1号「家電コンシェルジュが本気で選ぶ、この家電が欲しい。」発売中です。


IoT(モノのインターネット化)で多くの家電がネットとつながり、常に最新のものに買い替えずとも、アップデートして育てる時代が到来。いまや家電は、家族の一員と言えるのかもしれません。そこで最新号では、人気連載「黒モノ/白モノ家電コンシェルジュ」の執筆者・麻倉怜士さんと神原サリーさんに、いま本気で欲しい家電を厳選し、さまざまな観点から徹底解説してもらいました。ウェブ検索では決してすんなりとは見つからない、個性派ラインアップをお楽しみください。

たとえば「ともに暮らせるか」は、家電選びにおいても大事なポイントです。「リビング」「ダイニング&キッチン」「ベッドルーム」「バスルーム」の4つにおいて、部屋のアクセントになる、または部屋のテイストに馴染むような美しい家電を部屋とのコーディネートでお見せします。デザイン、質感とこだわりの機能で、心地よさはどこまでも進化します。

そして、やはり知りたいのは使い手目線で厳選した「いいもの」。Penが気になっている7つのテーマ別に、ひとつの機能に抜きん出るモノ、ずっと愛せるモノなどを集めました。佇まいからして感情を揺さぶるようなオーディオ・ビジュアル製品や、頭皮から指先まで、部位ごとに最適の癒しをくれるマッサージの「達人」機器など、進化に目を見張るベストバイリストです。

ほかに、いまいちばんの注目株「調理家電」の世界の大解剖や、ライフスタイル提案ならお任せ!の「二子玉川 蔦屋家電」の最強コンシェルジュによる“家電選びのお悩み解決”コーナーなども。最近また面白くなってきた「ソニー」では、注目を集める新規事業創出プログラム「SAP」の正体に迫る取材も敢行しました。高齢化社会となっても、ひとり暮らしであっても、ずっと寄り添える家電の「相棒」を見つけられれば、未来はもう少し、明るいものになるはず。自分に合う、理想の暮らしに近づける家電ってどんなもの?――そうお考えのかたにこそ、ぜひ手に取っていただきたい特集です。

「家電コンシェルジュが本気で選ぶ、この家電が欲しい。」
2018年 5月15日号 No.451 ¥630(税抜)

詳しくはこちら → www.pen-online.jp/magazine/pen/451-kaden
アマゾンで購入はこちらから → https://amzn.to/2r9luOL

連載でお馴染み、家電コンシェルジュのイチ押しが勢ぞろい! Pen 5/...

次号予告

今年最も輝いたクリエイターたちの軌跡

クリエイター・アワード2018