和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

写真:小野広幸 文:森 一起

和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

車力門ちゃわんぶの「とんかつ定食」¥3,240(税込)。キャベツやキュウリの浅漬けも、割烹ならではの丁寧な仕事で繊細な味わいです。ほどよく温められた自家製ソース、すりながしのカレーが添えられおり、ボリューム満点。

車力門ちゃわんぶ (四谷三丁目)

四谷三丁目駅からほど近い荒木町エリアは、都内でも屈指のグルメ密集区です。その一角で、不動の人気を誇りながら2017年に惜しまれつつ暖簾を降ろした人気割烹「車力門ちゃわんぶ」が、ほぼ1年半の休業期間を経てランチタイムだけ営業を再開しました。しかも、メニューは「とんかつ定食」のみという潔さ。日本料理界の最高峰である新橋の「京味」出身者の武澤剛志さんが揚げるとんかつに、早くも予約が殺到しています。

注文ごとに大きめにカットされる豚肉は、約15分かけて中まで均一に火を入れ、余熱で芯まで温めています。もともと、揚げ物は武澤さんのスペシャリテのひとつ、牛カツはコース中の白眉でした。米油を使い、豚肉のそばに付きっきりで手間隙惜しまずに揚げられたとんかつは、和包丁で薄めにザクザクとカットされます。そのままなにも付けずに食べると、肉の身に寄り添うコクと甘みに驚かされます。大きめな肉なので、かじりつく快感とともに、とんかつを食べている至福に包まれるでしょう。塩はミネラル感を感じさせる会津産の山塩、自家製のソースは温めて供されます。

キャベツはその都度手切りされ、味噌汁は3種の麹味噌を合わせてとんかつの味わいに合わせたもの。炊き立てで気持ち硬めのご飯も、とんかつにぴったりです。なによりも嬉しいのは、玉ネギやトマト、にんにくなど数種類の野菜と、陳皮(ちんぴ)やシナモンなどのスパイスを用いて、和食の「すりながし」の技法でつくられたカレー。自家製ソースと同じく、野菜や肉の切れはじでつくったコンソメが主体のカレーは、薄味で野菜の旨味そのものの味わい。ソースをかけて味が完成するように優しい口当たりながら、山椒のシャープな辛さがアクセントになっていて、ご飯が進みます。武澤さんのお薦めは、2枚ほどとんかつを残しておいて、カレーと卵黄、自家製ソースでカツカレーにして食べること。すべての素材が相乗効果を生む「ちゃわんぶカツカレー」を1度口にしたら、誰もが次の機会を心待ちにしてしまうに違いありません。日本料理を極めた匠が手がける和の頂点としての「とんかつ」。予約が取れなくなる前に、昼の荒木町に出かけてみてはいかがでしょう。

和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

たっぷり320gの厚さで提供される豚肉は、夏の時期は限りなく無菌豚に近い坂東豚を使用。肉そのもののポテンシャルを最大限に活かしたとんかつは、いくらでも食べられそうなほど軽く、それでいて旨味とコクに満ちています。

和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

通常のとんかつ屋さんと違う鋭利な切り口は、和の包丁使いならでは。1cmという厚さは、ローストビーフを思わせるような肉を食べる喜びに満ちていて、いつまでも食べ飽きることがありません。



和VS洋⁉ 令和版とんかつ最新勢力は、この2店。

とんかつだけで楽しんだあとは、とんかつとご飯に、カレーとソース、卵黄をかけて特製カツカレーに。ひとつの定食で2度楽しめます。



車力門ちゃわんぶ
東京都新宿区荒木町3-22島ビル1F
TEL:03-3356-1680
営業時間:11時~14時
不定休

1 / 2p