アイスホッケー選手、佐藤つば冴とつくった「プロテインギ...

新しい餃子の話。

vol.12

@togyother

アイスホッケー選手、佐藤つば冴とつくった「プロテインギョウザ」とは?

アートディレクターの古谷萌、コピーライターの鳥巣智行、菓子作家の土谷みお、建築家の能作淳平が、料理人とは異なる視点から新しい餃子づくりに取り組む「トゥギョウザー」。4人が毎回ゲストと会話しながら、これまでにない餃子をつくる。そんな活動です。

12回目のゲストは、軽井沢を拠点に活動するアイスホッケー選手の佐藤つば冴。普段はスポーツジムのトレーナーとして働きながら、アスリートとしても活動しています。この日のトゥギョウザーは、佐藤が出演していたテレビ番組、「テラスハウス」のファンである鳥巣の、こんな話から始まりました。

鳥巣 今年の5月くらいに、「テラスハウスみたいな釣り番組をつくったらいいんじゃないか」と考えたことがあって、その時、改めてなんとなく観始めたんですよ。そしたらもう、寝る間も惜しむくらいハマってしまって。最初に観たのが、佐藤さんが出ていた軽井沢編でした。


佐藤 それはうれしいですね。

鳥巣 そこから、ハワイ編とか全部。トゥギョウザーのメンバーだと、土谷さんはテラスハウスを観ていて、古谷さんと能作さんのふたりはまだ観ていないという状況です。

古谷 軽井沢編は少し観ましたよ。あれ、すごかったですね。

佐藤 もう2年くらい前の話です。

今回のゲストは、アイスホッケーチーム「軽井沢フェアリーズ」の佐藤つば冴。

佐藤と一緒に、それぞれのスポーツ経験について話すトゥギョウザーのメンバーたち。

鳥巣 見ての通り、トゥギョウザーのメンバーは全員、スポーツとは縁遠い感じです。でも、古谷さんは昔、剣道やってたんですよね。

古谷 剣道と野球をやってました。

能作 僕はいまはなにもやってないですけど、サッカーとゴルフをやってました。小中学校でサッカーをやっていて、高校でサッカー部に入ったらヤンキーばかりで。途中で辞めて、なにかスポーツやりたかったんですが、バスケとかはもう差がついてそうじゃないですか。だから、みんながやってなさそうなゴルフと思って入部したら、逆に小さい頃からやっているガチな人だらけでした。

土谷 私は水泳。2歳から高校までやっていました。

鳥巣 僕は中学までサッカーで、その後は写真部に。佐藤さんはいつアイスホッケーを始めたんですか?

佐藤 ちょっと遅くて、小学校3年生から。地元がアイスホッケーが盛んで、周りはみんな、幼稚園とか保育園からやっていましたね。アイスホッケーを始める以前は、スキーもやっていましたよ。

鳥巣 やっぱりウインタースポーツなんですね。以前、アイスホッケーの見学に行ったら、すぐに気に入って始めたというエピソードを記事で拝見しました。

佐藤 スピード感とか、激しい系のスポーツが好きなんです。

鳥巣 テラスハウスでしか見たことないですけど、アイスホッケー、かっこいいですよね。軽井沢フェアリーズは最近どうですか?

佐藤 先日、軽井沢の大会で優勝できたので、あとは2020年2月にある全日本大会で優勝できるようにがんばりたいと思います。

ここで建築家の半田悠人さんが登場。

この日のトゥギョウザーは、かつて映画館だった場所をリノベーションした「元映画館」。日暮里駅近くにあります。

イベントスペースである元映画館には、「CafeBar 銀幕」が併設されています。

ここで、この日のトゥギョウザーの会場となった「元映画館」を手がけた建築家の半田悠人さんが仲間とともに登場。半田さんもテラスハウスへの出演経験があります。会場となった元映画館について、「自分たちで場所をもってつくるデザインに可能性を感じて、2年ほど探してようやく見つけたのがこの映画館でした。28年間閉まっていた場所をリノベーションしイベントスペースにしていて、いまは併設されている『CafeBar 銀幕』にスナックをつくっているところです」と解説してくれました。

ゲストにちなんだ今回のトゥギョウザーのテーマは、「スポーツとギョウザ」。メンバーが用意したアイデアを、佐藤も含めた全員で議論しながらメニューを決めていきます。それでは、4人のアイデアを発表します。

1 / 3p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。