素材まるごと旬を味わえる、江戸前天ぷらの最新型4軒。

素材まるごと旬を味わえる、江戸前天ぷらの最新型4軒。

写真:大河内 禎 文:浅妻千映子

しっかり伝統を守りながら、時代と共に歩んだ進化も感じさせる……。そんな江戸前天ぷらの最新型ともいえる4軒を取材した。


【門前仲町/ふく庵】“やせ我慢”で揃える、厳選された魚たち。

富津のキス。東京湾のキスは圧倒的にグラマーな姿をしているという。身が厚いと水分が多く、ふわっとおいしく仕上がるそう。焼きながら蒸すイメージで揚げる。

中島昭彦さんと奥さんの千彰さん。店はテーブル中心。言うまでもなく、お酒の値段も良心的。

いくつもの河川が流れ込む東京湾は、豊富な餌があるばかりか、波が穏やかだ。
「のんびり泳いでたっぷり餌を食べる。だから、江戸前の魚はみんな顔つきが穏やか。いわばお嬢さんお坊ちゃんなんです。皮が薄くて、筋肉も少ない」
そんな風に表現するのは「ふく庵」のご主人、中島昭彦さんだ。江戸前の天ぷらと言えば必ず名の挙がる「みかわ是山居」で7年の修業を積んだのち、店を開いた。
「江戸前を謳うからには、やはりそこで獲れた魚をどうしたって手に入れたい。厚みのある身質が天ぷらに合っておいしい」と、仕入れに奔走する。結果、すべてとは言わないが、キスにアナゴにイカと、通年、かなりの割合で江戸前を使っている。驚くのは、海老から始まりそれらが入るコースが3,500円で食べられるということだ。
「もちろん、無理しています(笑)。でも“江戸前はやせ我慢”。師匠も言っていました」
高級天ぷら店の構えはないが、それがかえって、食材へのつぎ込みを物語る。言うまでもなく、腕は確かだ。下町らしい人情にあふれた江戸前天ぷら店である。

すっと尖がるように薄い衣を纏った銀杏。理想通りに揚がった時、この姿が見られるという。

八景島のアナゴ。脂ののったアナゴは、皮目に7割、身に3割の火を通す感覚でがっちりと揚げる。

東京都江東区富岡1-22-26 杉田ビル2F
TEL:03-5646-6365
営業時間:11時45分~13時30分、18時30分~22時
定休日:日、祝


【関連記事】匠の技が冴えわたる魚介料理の店9選。

1 / 4p