サステイナビリティをデザインした、最高級の日本酒「純米大吟醸 DAIT...
PROMOTION

サステイナビリティをデザインした、最高級の日本酒「純米大吟醸 DAITO」の魅力とは?

写真:toha 文:殿井悠子

「純米大吟醸 DAITO 2020」。ボトルデザインは、毎年様々な業界のクリエイターによりお色直しされる。

「Enjoy SAKE Life」をモットーに、能やドレスファッションショー、クラブイベントなどユニークなイベントを国内で行い、海外ではニューヨークやパリ、ベルリンなどで新しいSAKEシーンを提案しているのが、高知・桂浜のほど近くにある酔鯨酒造だ。

「酔鯨」のハイエンドコレクションの中でも最高峰に位置づけられる「純米大吟醸 DAITO」は、2016年の発売以来、毎年1200本のみ製造されているフラッグシップ。しかも今年、この最高級酒を象徴するボトルデザインを、建築家の谷尻誠が手がけることになったという。

谷尻が捉えたDAITOの魅力とは、いかなるものなのか? その答えを知るべく2020年11月某日、谷尻ほかクリエイター2名を招いて、酔鯨の大倉広邦社長を囲むマリアージュディナーが開催された。

マリアージュディナ―に参加した4名。左からビームスのコミュニケーションディレクターを務める土井地博、酔鯨の大倉広邦社長、「CRAZY WEDDING」の山川咲、建築家の谷尻誠。

マリアージュディナーは、代々木上原にある完全予約制の店「ヒトテマ」にて行われた。料理家の谷尻直子による、酔鯨のハイエンドシリーズ5種に合わせた“現代のおふくろ料理”がふるまわれた。

当日ふるまわれた料理より。上写真は高野豆腐の煮物 セロリの出し汁。

豚スペアリブの薬膳煮込み。食中酒としての酔鯨の美味しさを引き上げる、家庭料理の定番メニューをアレンジしたもの。フードはいずれもHITOTEMA( http://hai-ilo.com)

DAITOのボトルには、漆黒の背景に「(だいと)」が一文字。「味が華やかだから、デザインは極力シンプルに。そうすることで、お酒そのものと向き合うことができるのでは」と考えた谷尻。ボトルもワインセラーに入るサイズでスマートな形をしている。これは、「親父が一升瓶を抱えて酔い潰れるような日本酒のイメージを打破したい」という狙いによるものだ。

それを見て、「第一印象では日本酒なのかどうかわからない。デザインやボトルの形など意外なところが多いから、想像を誘います」と土井地。山川も「料理とお酒は想像力でおいしくなっていく。それをペアリングで出されると、つくり手の意図を考えるようにもなりますね」と続ける。

1 / 2p
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。
Feature Design 国産材の可能性を、デザインから考えるプロジェクト「WOOD CHANGE CHALLENGE」が開催中。