白、ロゼ、自然派まで、高コスパで極旨な日本のスパークリングワイン5本は...

白、ロゼ、自然派まで、高コスパで極旨な日本のスパークリングワイン5本はこれだ!

写真:尾鷲陽介 文:鹿取みゆき

白、ロゼ、自然派まで、高コスパで極旨な日本のスパークリングワイン5本はこれだ!

近年、日本ワインのレベルの向上は目覚ましいものがあります。それは、スパークリングワインがおいしくなったことからも実感できます。かつて、日本のスパークリングといえば、ガスを人工的に注入したものが主流でしたが、酵母が生んだ自然の泡による本格的なスパークリングワインが激増、スタイルも実に多彩になりました。

そんな日本のスパークリング。今回は、白やロゼに加えて微発泡性のものからシャンパーニュのように泡立ちの豊かなもの、さらには野生酵母による発酵でつくられたものまで、多彩な5本をご紹介。いずれもコストパフォーマンスのよいものばかりです。暖房の効いた温かい部屋で、ぜひ楽しんでみてください。


1.「ヴァン ペティヤン 2017」――シャルドネの味が際立つペティアン
2.「ケルナー&ピノ・ノワール スパークリング2017」――クリーミーな舌触りが、素晴らしい飲み心地。
3.「縁結 スパークリングワイン デラウェア ブリュット」――シャンパーニュのつくりを踏襲した、爽やかな辛口。
4.「吉祥ブラン・ド・ブラン」――酸と旨味のバランスが絶妙で、出色の出来栄え。
5.「ペティアン・ナチュール・ロゼ」――巨峰でつくった、ローズ色の微発泡。

白、ロゼ、自然派まで、高コスパで極旨な日本のスパークリングワイン5本はこれだ!

1 / 6p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。