あの「七賢」を「白州」のウイスキー樽で熟成、スパークリング日本酒「杜ノ奏」をお試しあれ。

文:外川ゆい

あの「七賢」を「白州」のウイスキー樽で熟成、スパークリング日本酒「杜ノ奏」をお試しあれ。

「七賢 スパークリング 杜ノ奏」は、ギフトにも最適な箱入りです。
アルコール12%。 720ml ¥10,800

山梨県北杜市にて日本酒を醸し続ける山梨銘醸より、新たな試みのスパークリング日本酒「七賢 スパークリング 杜ノ奏」が発売されました。サントリー白州蒸溜所のウイスキー樽で寝かせる工程を経た、これまでにないラグジュアリーな日本酒です。

これまで山梨銘醸では、2種のスパークリングを生み出してきました。第1弾の「山ノ霞」は、あえてオリを残してコメの旨味と甘みを存分に楽しめるタイプ。第2弾の「星ノ輝」は、シャンパン同様の製法ですっきりとドライな印象に仕上げています。

それに続く新たな試みとして、キーワードに掲げたのは“地域性”でした。酒蔵のある山梨県北杜市は、日本酒「七賢」をはじめ、ワイン、ウイスキー、ビール、焼酎など多彩なアルコール文化が共存する全国的にも珍しい地域。この地域性を活かした新たな味わいを求め、試行錯誤の末にたどり着いたのが、同じ白州の恵みを享受するサントリー白州蒸溜所のウイスキー樽で寝かせることでした。タンクで一次発酵させた低アルコール日本酒を、ウイスキー樽に一定期間寝かせた後に瓶詰めし、瓶内二次発酵させることで、新しいスパークリング日本酒が誕生したのです。

その味わいは、白州の森を森林浴しているような爽快感をもちながらも、樽由来のメープルシロップやバニラのような深みのある樽香が感じられ、繊細な日本人の味覚や感性に合う仕上がりです。日本酒だから和食という概念を覆し、さまざまなジャンルの料理との相性の可能性も広げてくれることでしょう。

杜ノ奏の「杜」は、山梨銘醸とサントリー白州蒸溜所がある山梨県北杜市の地名に由来。日本酒とウイスキーという、全く違う個性を持ちながらも、同じ白州で採水された水でつくることで生まれ得た味わいのハーモニーを「奏」で表現しています。

これまでにない日本酒「七賢 スパークリング 杜ノ奏」。この新しい味わいは、一度試してみる価値ありです。

あの「七賢」を「白州」のウイスキー樽で熟成、スパークリング日本酒「杜ノ奏」をお試しあれ。

「七賢 スパークリング 杜ノ奏」は、サントリー白州蒸溜所のウイスキーの空樽を使用。白州の地でものづくりができる喜びと誇りや、白州の水の美しさ、おいしさを伝えたいという想いが込められています。

問い合わせ先/山梨銘醸
TEL: 0551-35-2236
https://www.sake-shichiken.co.jp/sparkling