いつもの晩酌をバージョンアップ! シェフ、バーテンダー、料理家のワザが詰ま...

いつもの晩酌をバージョンアップ! シェフ、バーテンダー、料理家のワザが詰まった頼れるつまみレシピ本3冊。

撮影:宇田川 淳 文:沖村かなみ

いつもの晩酌をバージョンアップ! シェフ、バーテンダー、料理家のワザが詰まった頼れるつまみレシピ本3冊。

左から、『小さな店が教える玄人つまみ』(枻出版社刊)、中西なちお著『トラネコボンボンの空想居酒屋』(グラフック社刊)、間口一就著『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』( 柴田書店刊)。


今夜は早めに帰宅して、家で一杯やろう……なんて夜。コンビニで適当につまみを買って、という人も多いかもしれません。もちろんそれもよしですが、ひと手間かけて、ワンランク上のつまみをつくってみてはいかがでしょう。

そこで頼れる助っ人としてご紹介したいのが、気鋭のバーテンダー、料理家、シェフという3人の食のプロが、お酒をおいしく楽しめるつまみのレシピを伝授してくれるこちらの3冊。『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』『トラネコボンボンの空想居酒屋』『小さな店が教える玄人つまみ』です。

まず一冊目、『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』の著者は、銀座のバー「ロックフィッシュ」の名物バーテンダー・間口一就(かずなり)。ロックフィッシュといえば、キリッと冷えた極上のハイボールが飲めることで有名な店。また、シンプルながらもひとひねりあるつまみもこの店の人気を支えています。間口はつまみ本を何冊か出していますが、なかでもロングセラーを誇るのが本書。バーテンダーらしく「酒に合う」ことに徹底してこだわり、ユニークなアイデアをちりばめた「切るだけ」「混ぜるだけ」「火にかけるだけ」の簡単レシピ170品を掲載しています。ほとんどのメニューが、包丁1本さえあれば、あっという間につくれてしまうので、料理が苦手な人でも安心です。トマトをくし型に切ってオリーブオイルとゆかりをかけたり、ナスの浅漬けをプロシュートで巻いたり、納豆とクレソンとキムチを混ぜ合わせてマスタードで和えたり……。プロの視点から生まれた意外な食材の合わせワザが、晩酌をよりいっそう楽しくしてくれます。

いつもの晩酌をバージョンアップ! シェフ、バーテンダー、料理家のワザが詰まった頼れるつまみレシピ本3冊。

バー店主・間口一就著『バーの主人がこっそり教える味なつまみ』より。『バーの主人がこっそり教える甘いつまみ』もあるので、甘党にはこちらもお薦めです。

いつもの晩酌をバージョンアップ! シェフ、バーテンダー、料理家のワザが詰ま...