世界的ブーム到来! 高コスパから自然派まで注目すべき“日本のオレンジワ...

世界的ブーム到来! 高コスパから自然派まで注目すべき“日本のオレンジワイン”5本。

写真:尾鷲陽介 文:鹿取みゆき

いま、世界的なブームを呼んでいるオレンジワイン。白ワイン用ブドウを皮から種までまるごと発酵させてつくったもので、つまり白ブドウで赤ワインのようにつくったワインのことだ。色素、渋み、香りの素となる物質が溶け込んでおり、色の濃さはさまざまだが、いずれもほのかなオレンジ色をしている。白ワインにはない複雑さがあり、赤ワインのような渋みがわずかに感じられる味わいが特徴だ。2019年は、日本のワイナリーでもオレンジワインをつくり始めるところが増え、かなりレベルの高いものも発売されている。そこで今回は、初心者向けから通好みまで、注目したい日本のオレンジワインを厳選して紹介する。

1.「デラグリ オレンジワイン」――2,000円台で入門編にも最適なスパークリング
2.「QVEVRI 甕 ブラン」――イタリアやジョージアの手法に倣い、素焼きの甕で発酵。
3.「甲州オランジュ・グリ」――甲州ブドウを使い、驚きの飲みごたえ。
4.「甲州F.O.S.」――豊かな果実味のハーモニーが素晴らしい自然派。
5.「シャトー・メルシャン 笛吹甲州グリ・ド・グリ 2018」――大手メーカーのノウハウがこの1本に。

1 / 6p
Feature Product プライベート空間に極上の映像美を表現する、LGの48インチ有機ELテレビ
Feature Product プライベート空間に極上の映像美を表現する、LGの48インチ有機ELテレビ

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。