私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──ウイスキー編

私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──ウイスキー編

写真:筒井義昭(人物)、青野豊(物) 文:高野智宏

ジャンルを超えて生み出される「ニッポンの美酒」が、日本各地で次々と生まれている。各界で活躍する著名人に、ジャパンメイドのお酒のなかから、家呑みを楽しくする愛飲の1本を教えてもらった。


若いじゃじゃ馬みたいな、完成されていない味わいが面白い。

野口 健●登山家。ボストン生まれ。1999年、当時の世界最年少記録となる25歳での七大大陸最高峰登頂に成功。以降、エベレストや富士山の清掃登山や、シェルパ遺族の基金や熊本地震テントプロジェクトなど多彩な社会活動を展開する。

英国に住んでいた頃、パブの雰囲気に魅了され、ウイスキーを嗜むようになった。いまは「講演会などで訪れる全国のバーで、ウイスキーの飲み比べをするのがなによりの楽しみです」と、野口健さん。世界のウイスキーを知る野口さんが注目するのは、2020年ついにシングルモルト「サロルンカムイ」をリリースした国産ウイスキーのニューカマー、厚岸蒸溜所の「厚岸ニューボーン」だ。

「新作のサロルンカムイはバランスが取れてきた印象だけど、その前の4作は本当に個性的。じゃじゃ馬みたいに口の中で大暴れするんだから!」

それまでは、「ロイヤルサルート」の21年など、歴史ある蒸留所の、しかも熟成が進んだ完成された味わいを好んでいた野口さんだったが……。

「最初に熊本のバーで飲んだ時、若さと暴れっぷりに『なんじゃこりゃ!』って(笑)。でも、完成されてないからこそ、ワクワクドキドキした冒険心が掻きたてるんですよね」

野口さんは登山にも酒を持参する。シェルパらスタッフの慰労や、後に助け合うことになるかもしれない、他の隊への差し入れ用としてだ。

「昨秋のヒマラヤには、厚岸も持っていきました。5000m級の山は匂いの無い世界。そこで嗅いだ厚岸の香りは、より鮮明で力強かったですね」


●厚岸ウイスキー サロルンカムイ&厚岸ニューボーン ファウンデーションズ
厚岸蒸溜所【北海道】

これまでの4作は熟成3年未満の「スピリット」だったが、今年リリースされた右端の「サロルンカムイ」¥5,500(アイヌ語で丹頂鶴のこと。湿地の神を意味する)から「シングルモルト」表記に。左より、ノンピートのミズナラ樽熟成(3rd)¥6,380、ピーテッドのバーボン樽熟成(2nd)¥4,400、ノンピートのバーボン樽熟成(1st)¥3,630、そして、バーボン樽、ワイン樽、シェリー樽をバッティングしたブレンデッド(4th)¥4,180。各200ml すべて税込価格/厚岸蒸溜所 TEL:0153-52-6000


関連記事:いま飲むべき、ジャパニーズウイスキーの新鋭蒸溜所による「ファーストリリース」5選。


1 / 3p
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。