私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──田村 淳(ロンドンブーツ...

私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)

写真:筒井義昭 文:高野知宏

ジャンルを超えて生み出される「ニッポンの美酒」が、日本各地で次々と生まれている。各界で活躍する著名人に、ジャパンメイドのお酒のなかから、家呑みを楽しくする愛飲の1本を教えてもらった。


お酒を飲む深夜が、気を緩められる唯一の時間。

田村 淳(ロンドンブーツ1号2号)●1973年、山口県生まれ。1993年ロンドンブーツ1号2号結成。バラエティ番組や経済、情報番組などでレギュラー番組多数。そして今春にはYouTubeに「ロンブーチャンネル」を開設するなど、テレビタレントの枠を超えて、更なる可能性を追求し続ける。

20代前半の頃、番組プロデューサーから料理とお酒のマリアージュを伝授されたと振り返る、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん。

「肉を食べる時に赤ワインを飲むんだと教えられ、やってみたら本当においしくて(笑)。だったら、どんな料理にもビール一辺倒じゃもったいないと、たとえば中華料理なら紹興酒など、料理と酒の組み合わせを楽しむようになりました」

深夜、灯りを落とした部屋でひとり、大好きな大河ドラマ(戦国時代限定)や撮り溜めた番組を観ながら酒を楽しむのが、毎晩のルーティーンだ。「多くのタスクを抱え、常になにかを考えていますが、この時はなにも考えずに物語に没頭できる。張り詰めた気持ちを緩めてくれる時間です」 
好きになると、一定期間同じ酒を飲み続ける。「いまは梅酒期間。ウイスキーグラスに氷を入れ、原酒からロック、水割りへと変化する味わいを、大河ドラマ1話分の45分をかけ楽しみます」

SNSなどで世界へ情報発信が可能な現在、日本の酒にも、より「PR力が必要」と淳さんは語る。「オーパスワンのワイナリーに行った時、広報の方の知識や対応の素晴らしさに驚きました。世界で通用するブランドには、品質の高さはもちろんPRの力も大きいことを実感しました」

たとえば「獺祭」の旭酒造のような、古き慣習を打ち破る革新的なつくり手を「応援したい」という。日本の酒業界に強力なサポーターが現れた。


●田中六五 
白糸酒造 【福岡県】
若き8代目の社主が杜氏任せではなく、自らが酒づくりを主導しつくり上げた人気の銘柄。「福岡の番組で取材した、猪猟を生業にする女子から猪肉と一緒にふるまってもらったのが出会いです(笑)。 65%精米の、洗練かつ旨味を感じる味わいです」。720ml ¥1,583(税込)/白糸酒造 TEL:092-322-2901

●インドの青鬼
ヤッホーブルーイング 【長野県 】
ホップによる鮮烈な香りと驚愕の苦味を併せもつ、ビールファン垂涎の個性派ビール。「こういう特徴的な味わいや名前など、どんどんユニークな銘柄をリリースし続けるヤッホーブルーイングの攻めた姿勢も好感がもてるし、応援したくなるんです」。350ml ¥288(税込)/ヤッホーブルーイング TEL:0120-28-4747

●水曜日のネコ
ヤッホーブルーイング 【長野県】
「某大物司会者さんが、ここのビ ールが大好きで、番組の打ち上げにこのビールをふるまってくれました。そこから僕も好きになったんですが、この銘柄は柑橘系の香りが爽やかで、スッキリした口当たりがこれからの季節にぴったりです」。350ml ¥288(税込)/ヤッホーブルーイング TEL:0120-28-4747

●プレミアム デザートワイン
山梨ワイン倶楽部 【山梨県】
最高級の遅摘み葡萄を使用し、冷凍果汁仕込みで醸造された最高級極甘口ワインを、さらに10年間熟成させた1300本の限定品。「確かに口当たりはとろりと甘いのですが、のどをするりと滑り落ちる。梅酒同様に、ちびちびと飲んでます」750ml ¥13,000(税込)/山梨ワイン倶楽部 TEL:0120-032-810

●小鶴 初心者お断り
小正酒造 【鹿児島県】
出合いは鹿児島産の全焼酎を網羅するという現地の店。「焼酎に魅せられ来日し、その店で働いていたイギリス人の青年から『ソーダ割りでどうぞ!』と薦められました(笑)。名前はクセがありますが、フルーティで初心者にも飲みやすい味です」900ml (税込)¥1,452/小正酒造TEL:099-292-3535

●山崎12年
サントリー山崎蒸溜所 【大阪府】
世界的な人気で品薄状態が続くいま、淳さんも自宅に残る1本を「開けちゃうと、次に手に入るか心配で」と苦笑する。飲み方はハイボールで「通の人から怒られそうですが、自分がおいしいと思う飲み方こそ正解だと思うんです」。700ml ¥9,350(税込)/サントリースピリッツTEL:0120-139-310



この記事は、2020年 Pen 7/1号「ニッポンの美酒。」特集よりPen編集部が再編集した記事です。

私の愛する“ニッポンの美酒”、公開します。──田村 淳(ロンドンブーツ...
Feature Food “一切の妥協なし”のキリン渾身のクラフトビール 「スプリングバレー 豊潤<496>」 が新発売。要潤が感動したおい...
Feature Food “一切の妥協なし”のキリン渾身のクラフトビール 「スプリングバレー 豊潤<496>」 が新発売。要潤が感動したおい...